インカー動画あり タイカン・ターボSがラップタイム更新!

タイカン・ターボSが、Michelin Raceway Road Atlantaで1:33.88分の印象的なラップタイムを記録した。

ボディスタイルやパワートレインに関係なく、すべてのポルシェモデルはパフォーマンスに対する同じ情熱を反映しており、これを示す最良の方法の1つは厳しいレーストラックでそれを実証すること。ポルシェカーズノースアメリカの本社からわずかな距離に位置するMichelin Raceway Road Atlantaのテクニカルエッセンス、長いストレート、高低差には、どの車からも優れたフィードバック、安定性、パワーが求められる。



「このトラックは容赦ないので、完全にクルマを信頼する必要があります」とプロのレーシングドライバー、リー・キーンは語った。しかし、コーナリング時に本当の驚きが訪れました。リアアクスルステアリング、オプションのポルシェダイナミックシャシーコントロールスポーツ、および適切にプログラムされたスポーツプラススタビリティコントロールの組み合わせにより、キーンはEVスポーツカーのパフォーマンスを想像以上に発揮することができた。



「ターン中のパフォーマンスは驚くべきものでした。特にターンインは鮮明で一貫性があり、ステアリングの反応は即座に伝達されました。ブレーキは優れたフィードバックを提供します」

ターボSには21インチのMission-Eデザインホイールに、工場出荷時からの標準のサマータイヤPirelli P Zero NF0 Electが装着され、フロントサイズは265 / 35-21、リアサイズは305/30-21だった。タイヤの空気圧は、4つのタイヤすべてに41PSIの圧力がかかるように調整されている状態だ。

RECOMMENDED