ポルシェがLMDh規定でル・マンに復帰を発表

ポルシェAGの取締役会は、、長い評価期間を経てLMDh規定プロトタイプの開発プロジェクトに青信号を出した。ポルシェモータースポーツは、新たなレギュレーションに基づいて開発を進めていく。

ポルシェは2023年のFIA世界耐久選手権(WEC)と北米IMSAウェザーテックスポーツカー選手権から、LMDh規定車を導入する。ポルシェは、ACO/WECとIMSAが新しいハイブリッド・プロトタイプカークラスの導入を歓迎し、発表時から参戦を表明していた。車量は約1000kgで、最高出力500kW(680hp)のハイブリッドマシンとなる。

「新しいLMDhカテゴリーでは、ル・マン、デイトナ、セブリングでハイブリッドシステムを使用して、大きな資金を費やすことなく、勝利を目指して戦うことができます。このプロジェクトはポルシェにとって非常に魅力的です。耐久レースは当社のブランドのDNAの一部です」と、ポルシェAGのCEOであるオリバー・ブルーメは説明する。

世界中の耐久レースにおいて、同じマシンを使用しながらトップカテゴリーへ参戦が可能となるのは、この20年間で初となる。新しいLMDh規定車両は、アップグレードされたLMP2クラスシャシーを採用。コントロールユニットを含むハイブリッドシステムのスペックをレギュレーションで統一している。シャシーは4メーカーによって供給される。

ポルシェAGの研究開発担当取締役であるミヒャエル・シュタイナーは次のように付け加えている。「中期的には、ポルシェは完全な電気自動車、効率的なプラグインハイブリッド、エモーショナルな内燃エンジンという3つの異なるドライブコンセプトに焦点を当てています。私たちは、最先端のロードカーの開発とモータースポーツの両方でこの三部作を表現したいと考えています。フル電動のドライブを使用してFIAフォーミュラEに挑むことができ、GTレースでは非常に効率的でエモーショナルな内燃エンジンのユニットが使用できます。LMDhクラスは私たちのギャップを埋めてくれるでしょう」

モータースポーツ担当副社長のフリッツ・エンジンガーはこう話している。「私たちはル・マン24時間レースで19回の総合優勝を記録し、米国の主要なレースで何度も表彰台を獲得しました。この伝統をLMDh車両で継続すると同時に、コストを合理的に保つことができます。他のメーカーからも大きな関心が寄せられています。 一時は中断となっていましたが、再開できることを願っています。それはモーターレースシーン全体に大きな後押しを与えるでしょう」

高性能ハイブリッドドライブは、ポルシェモータースポーツで長く非常に成功した伝統を享受してきました。 2010年と2011年に、革新的なポルシェ911 GT3 Rハイブリッドは、ニュルブルクリンク-ノルドシュライフェでのレースで新しいベンチマークを設定しました。当時、ハイブリッドドライブを備えた同等の車両は他にありませんでした。

2014年から2017年の間に、ポルシェは、919ハイブリッドを使用した高効率で高性能のハイブリッドドライブの分野における強さを見せた。ル・マン24時間レースでは3回連続優勝しているだけでなく、ポルシェはまた、マニュファクチャラーズ選手権とドライバーズ選手権において、3年連続でトップに君臨している。

RECOMMENDED