カイエンのPHEV登場 さらなるスポーティさを

ポルシェより、パナメーラシリーズに続いて、カイエンシリーズにおいてもトップエンドとしてプラグインハイブリッドモデルの「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」が登場した。

4リッター V8エンジン(404kW/550PS)と電気モーター(100kW/)のインテリジェントな相互作用によって発生する500kW(680PS)のシステム出力は、8速ティプトロニックSトランスミッションによって統合される。そして、アイドル回転数をわずかに超えた回転域から900N・mの最大システムトルクを利用することができるように。

どちらのモデルも、制止状態から100km/hまでを3.8秒で加速し、最高速度は295km/hに達する。カイエンターボSE-ハイブリッドとカイエンターボSEハイブリッドクーペは、ゼロエミッションで最大40kmまで走行可能で、平均消費量(NEDC)は、3.9-3.7リッター/100km(燃料)、および19.6-18.7kWh/100km(電力)となっている。



どちらのモデルも、制止状態から100km/hまでを3.8秒で加速し、最高速度は295km/hに達する。カイエンターボSE-ハイブリッドとカイエンターボSEハイブリッドクーペは、ゼロエミッションで最大40kmまで走行可能で、平均消費量(NEDC)は、3.9-3.7リッター/100km(燃料)、および19.6-18.7kWh/100km(電力)となっている。カイエンファミリーの新しいトップエンドモデルは、全てのポルシェプラグインハイブリッドと同様に、まさにハイブリッドパワートレインならではの特長によってプレミアムセグメントで最もスポーティな車の1台となっている。カイエンターボSEハイブリッドモデルは、V8エンジンと8速ティプトロニックSトランスミッションの間に電気モーターが配置されており、2つのモーターがエレクトリッククラッチアクチュエータ(ECA)と呼ばれるハイブリッドモジュール内の分離クラッチを介して相互接続されている。



Eパワードライビングモードにすると、電気モーターのみで最高速度135km/hに達します。他のモードでパワーブーストを追加することも可能。標準装備のスポーツクロノパッケージを介して各モード(ハイブリッドオート、スポーツ、スポーツプラス)を選択することができ、ブーストストラテジーは、スーパースポーツカーの918スパイダーから採用されている。


カイエンターボSEハイブリッド 2327万円
カイエンターボSEハイブリッド 2376万円
消費税8%込み

オクタン日本版編集部

RECOMMENDED