ポルシェ・デジタル ノイズ検出のための人工知能を開発

シュトゥットガルトを拠点とするポルシェの子会社であるポルシェ・デジタルは、製品ポートフォリオを拡大している。例えば、デジタルアシスタント「Sounce」は車両コンポーネントのテスト中に、ノイズを検出する機能が向上している。とりわけ、その目的は、自動車産業におけるコンポーネントの開発と生産を改善することである。

ディープラーニング手法を使用するこのテクノロジーは、耐久性テストなどでノイズを確実かつ正確に検出できる。これにより、特に開発エンジニアの負担が軽減される。アシスタントは、エラーのドキュメント化をより正確にし、根本原因の分析を簡素化できるのだ。

「Sounceを使用すると、24時間体制でさまざまな条件下で耐荷重部品の騒音発生を確実にチェックできます。これにより、初期のコンポーネントテストでの分析の機会を改善できます」とポルシェ・デジタルのインダストリーソリューション責任者であるパトリシア・レナートは説明する。人工知能(AI)に基づく音響試験は、幅広いアプリケーションで品質を向上させ、コストを削減できるようになる。

このテクノロジーは、さまざまな分野に適用できる。たとえば、多数の異なる音響信号が人間の耳を介したアナログ分析を困難にするテスト状況で使用することが考えられる。ポルシェ・デジタルのインダストリーソリューション部門は、いわゆるSoftware-as-a-を設計および開発した。

ポルシェ・デジタルは、テクノロジーの運用を担当している。「技術的な産業ソリューションの開発は私たちのコアコンピタンスであり、したがって私たちの主要な戦略的アプローチの1つです。 Sounceは、特に当社のディープテクノロジーの専門家によって提供される可能性を印象的に強調しています」と、Porsche DigitalGmbHの最高経営責任者であるマティアス・ウルブリヒトは説明する。

RECOMMENDED