ポルシェブランドアンバサダー マーク・ウェバーと過ごす時間

ポルシェブランドアンバサダーのマーク・ウェバー。世界で最も親しみやすい元レーサーが英国に戻ると、貴重なダウンタイムが起こる。マーク・ウェバーは、F1レースと耐久レースの両方で中心的なプレーヤーから、世界を駆け巡るコメンテーター、ポルシェブランドアンバサダーになった。

そのため、彼と共に時間を過ごせることは貴重である。今回は、ウェバーの愛するジャーマンショートヘアードポインター、サミーとサクソンと一緒に、長い犬の散歩に出た。

「私は子供のころからずっと犬が家にいました」とウェバーは説明する。「オーストラリアの農場には13頭いました。祖父が牛や羊を集めるために使っていたので、いつも家にいました。今では私は動物が大好きです。それ以来、私はさまざまな犬を飼っていますが、走ったりトレーニングしたりするのが好きなので、一般的な犬より大きな犬種です。私はイギリスにいるときは毎日サミーとサクソンと一緒にいて、本当に特別な絆を持っています。海外旅行から戻ったときや、ストレスを感じているときは、一緒に横になることもあります」



「耐久レースはモータースポーツが必要としているものです。ポルシェは50年以上もその中毒になっています。新しいLMDhプロトタイプは、2023年から、ポルシェが同じマシンでヨーロッパとアメリカのトップで競争できることを意味します。ハイブリッド技術も進歩し、多くの有名人をル・マンに呼び戻します。待ちきれません」

「ポルシェはレースが大好きです。そしてそれを開発の重要な手段として使用しますが、それはまた公正で率直に勝ちたいと思っているのです」「そして当然、電気への意欲を加速させるでしょう。かなりの数のF1ドライバーがそうであるように、私はタイカンを運転することを本当に楽しんでいます」



クルマに戻り、泥だらけのサミーとサクソンがマカンターボのトランクに寄ってくると、ウェバーはテールゲートに座ってブーツを脱ぐ。「毎日に100%集中し、勇気を持ってベッドから飛び出します。笑顔で、素晴らしい人に囲まれるようにしてください」

RECOMMENDED