さらに強力、高速、俊敏│440馬力を発生する新マカン ターボ登場

Porsche AG

ポルシェのミドルサイズSUVトップモデルとなる、新マカンターボが本国で発表された。大幅に再設計された新しいトップモデルの新しい2.9リッター6気筒ツインターボエンジンの最高出力は324 kW(440 PS)で、排気量は先代より20%ダウンサイズしながら、出力は10%向上。オプションのスポーツクロノパッケージを使用すると、静止状態から4.3秒で100km/hに到達し、最高速度は270km/hに達する。

新マカンターボには、最適化されたシャシーの一環として、パワフルなポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)が標準装備される。マカンターボのエクステリアは、先代を改善したスタイリングによって特徴付けられる。新しいトップモデルは、ターボ専用フロントエプロンやダブルウイングデザインによる固定ルーフスポイラーなど、ユニークなアクセントで際立つ。標準化された18 wayアダプティブスポーツシートやBOSE®サラウンドサウンドシステムも新たなマカンターボのハイライトだ。

新マカンターボの2.9リッターエンジンで採用されているセンターターボレイアウトは、ポルシェカイエンとパナメーラにて、すでに搭載されているもの。2つのターボチャージャーは、シリンダーのV気筒の内側に配置され、冷却されたエグゾーストマニホールドは、効率的な燃焼のためにシリンダーヘッドに統合されている。燃焼室とターボチャージャー間の短い排気経路によって、迅速なパワーアップと特にダイレクトなレスポンスが可能になる。

優れたドライビングダイナミクスに合わせて、ポルシェサーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)が標準装備している。ポルシェ専用のこの革新的な高性能ブレーキは、ディスクにタングステンカーバイドコーティングが施されているため、従来の鋳鉄製ブレーキと比較して、レスポンスは速く、摩耗は少なく、ブレーキダストは最大90%低減される。新しい20インチマカンターボ ホイールは標準装備。 



新マカンターボは、3つの大型エアインテークとハイレベルフロントライトを備えた専用フロントエプロンと、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を組み込んだ標準装備のLEDヘッドライトによって、トップエンドモデルとしてのステータスをあらわしている。このトップモデルは、サイドから見ると、20インチマカンターボホイール、スポーツデザインサイドスカート、エクステリアカラー同色仕上げのスポーツデザインエクステリアミラーによって際立つ。専用に開発されたダブルウイングデザインの固定ルーフスポイラーは、ターボモデル特有の装備。標準装備されるスポーツエグゾーストシステムは、独自のシルバーカラーツインテールパイプによってわかる。

新しいフラグシップモデルのマカンターボは、特に高品質の装備を提供する。スムースレザー仕上げのレザートリム、18way電動調整機能とコンポートメモリパッケージを備えたアダプティブスポーツシートが標準装備される。アルカンターラルーフライニングと、ブラッシュアルミニウムインテリアパッケージによってハイクオリティのインテリアに仕上げられている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDED