ミッキーマウスと呼ばれたポルシェ│その名の由来は?②

フールマンとはうまくやっていく確証があった。なぜなら彼はこのプロジェクトを知ったとき、彼が作った4カム・エンジンはすでにエンジン技術の世界では評価を得ていたものの、実際の実力確認はまだだったので、レーシングカーに積んで走れば信用を立証できるからだ。フールマンはエンジン専任というだけでなくそれ以上の役割を担う必要があると感じ、ポルシェ・エンジニアリング・チームを統率する意欲に満ちていた。

タイプ645は空気の抵抗を極力少なくすることを目標に、トレッドを狭め、前面投影面積の小さいボディを設計の基本とした。550では前後とも49.0インチ(約1245mm)のトレッドを、このクルマでは前輪で46.9インチ(約1190mm)、後輪で45.3インチ(約1150mm)にまで抑えた。クリエは1/5のクレイモデルを製作するにあたって、ホイール/タイヤとボディの隙間を極力なくし、後輪は一部を包み込むようなプランを描いた。上から見てノーズが丸いのも特徴だった。

オイルクーラーのために穴を開ければ空気抵抗がふえる原因となるので、フロントリッドそのものがオイルクーラーの役目を負う表面冷却方式を採用した。そのために裏面は配管が複雑に這い、冷却効果を高めるために表面は無塗装とした。ボディ形状は、ランプ類の位置を前後とも規定に合致させながらも形状を流線型に近づけるなど、とことん考え抜いたデザインを投入した。

クリエが描いたタイプ645のクレイモデルは空力的要素が盛りだくさんで、ドライバー後ろのヘッドレストはそれ自体がエンジンルームに向かって空気を流す形状をなしていた。ヘッドレストはその背後にある網状の穴の上方に気圧の高い渦流を作り出すよう成型され、その効率的な冷気導入法は通常エンジン冷却のために浪費するパワーを限りなくゼロに近づける効果があった。その設計はすぐに特許をとった。その特許には、これまでにないやり方でエンジンベイに冷気を供給するということも含まれた。

これは、エンジンを覆うリッドのほぼ全幅にわたって後ろ向きに開いたスリットがリアデッキの上全体を流れる空気をスムーズに流し、それと同時にエンジンなどが収まるリアコンパートメント内に負圧を生じさせる、というものである。これによりエンジン冷却ファンのハウジングを覆うふくらみは小さくできた。また、キャブレター用の空気取り入れ口を後ろ向きにするなど、空気抵抗低減へのアイデアは枚挙に暇がなかった。

フォルスナーが推し進めた横幅を狭くする設計思想は、ホイールベースを550より6.2インチ(約15.8mm)短くしてわずか76.4インチ(約1940mm)に抑え、同時に車重を軽くすることにも貢献した。ボディの材料も一般的なアルミを用いるのではなく、耐久性では劣るがより軽いマグネシウムを全面的に使用した。ただし、右側ドアだけはその限りではない。というのは、ボディ右側には燃料タンク、左側にはドライバーが座ることからドアの重さに差違をつけることで左右の重量バランスをとったからである。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING