17年も納屋の中に打ち捨てられていたポルシェ356 前編

この1954年356プリAカブリオレは、塗装を剥がしたベアメタルの状態で17年も納屋の中に打ち捨てられていた。よみがえったその走りを絶好のドライブ日和に楽しんだ。

戦争でグミュントの元製材所に疎開していたポルシェは、本拠地シュトゥットガルトに戻ると356の本格的な"量産"に乗り出した。グミュント製356の特徴はボディがアルミニウム製であることだ。木型の上で丁寧にたたき出され、軽量だったものの、アルミパネルでの製造には時間がかかり、完成には熟練の技を要した。

問題は、シュトゥットガルトのファクトリーを米軍が接収して自動車修理工場として使っており、生産ラインを整えるスペースがないことだった。そこでポルシェはコーチビルダーのロイターと話し合い、自社工場が使えるようになるまでロイターのワークショップの一部を356の製造にあてる契約を結ぶ。



計画では1949年末か50年初頭の生産再開を目指していた。実際には1949年9月に新車の製造が始まり、11月にはクーペボディ500台の製造をロイターに発注している(カブリオレボディはグレーザー社で造られた)。ここで重要なことがある。"グミュント356"と呼ばれる最初期モデルは受注分の製造完了に1951年までかかった。ところが、シュトゥットガルト製のクーペは1950年代初頭には既に出回り始めていた。つまり、数カ月間にわたって新旧モデルが並存していたのである。

生産が軌道に乗るまでには時間がかかった。1950年の製造数はわずか392台(クーペ345台、カブリオレ47台)だ。1951年には1238台(うちカブリオレ298台)に増えるが、翌年は798台(クーペ478台、カブリオレ304台、ロードスター16台)に減少した。しかし、1953年にはペースが上がり始め、クーペ1537 台、カブリオレ460 台、合計1997 台が製造された。1954 年はさらに増えて2303台となり、うち327台がカブリオレだった。写真のクルマはその1台である。



編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation: Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下 恵 Translation: Megumi KINOSHITA Words: Keith Seume Photography: Andy Tipping

RECOMMENDED

RELATED

RANKING