クラポルパ2019で展示された特別車両を一挙紹介!

Fujihiro HAGIHARA, Ken TAKAYANAGI

『クラシックポルシェ』読者であれば周知のものかもしれないが、2019年11月10日(日)、富士スピードにてポルシェだけのギャザリングイベントであるクラポルパ2019が開催された。

正式名称は"クラシックポルシェパーティー2019"であるが、参加できるポルシェはクラシックに限ったものではない。ポルシェ社が開発し、生み出したモデルであれば年代は関係なく大歓迎というイベントである。1950年代に製造されたポルシェから、2019年に発表された新型911(992)までもが一堂に集まり、ポルシェエンスージアストであれば見応えたっぷり。中でも、特別展示として飾られた6台は330台集まったポルシェの中でも注目を集めていた。そのラインナップをご紹介。参加した方は、当日を振り返りながら見ていただきたい。


1958年 356A スピードスター ザガート

フランス人ドライバーのClaude Storez氏の依頼で製作されたワンオフモデル。1959年2月7日に開催されたラリー・デ・ルート・デュ・ノールで事故に巻き込まれ、オリジナル車はオーナーと共にその生涯に幕を閉じた。そして、この過去へのオマージュとしてイタリアのカロッツェリア ザガートがポルシェ社の許可のもとで9台限定で生産した。今回展示されたのは、2番目に生産されたもので、日本にある同モデルはこの1台のみ。


1970年 914-6

ポルシェとフォルクスワーゲンが共同で開発し、“ワーゲン・ポルシェ”という愛称を持つこの914は、エンジンをミッドシップマウントした2シータースポーツカー。911Tと同様の2リッター 6気筒エンジンを搭載し、イグニッションロックをステアリングホイールの左側に配置するという、ポルシェの伝統的なレイアウトを採用。914/6のホイールは5個のナットで固定されている。914/6は、ポルシェの本拠地であるシュトゥットガルト・ツッフェンハウゼンのファクトリーで生産された。914/6自体は参加者の中でも見られたが、このグレーカラー(非オリジナル)は珍しいのでは。


1991年 911(964 Carrera 4ベース) Reimagined by Singer

ポルシェ964をベースとして、"Reimagined"を施すクリエイター集団であるシンガー・ビークル・デザインが手がけた1台。こちらも日本で唯一の存在。エクステリアもインテリアもすべてアレンジされ、エンジンは4リッターを搭載している。その最高出力は390hpにも及ぶそうだ。トランスミッションはゲトラグ製G50へと換装されている。


1993年 911(964) RSR 3.8

レーシングマシンとしてカップカーから進化したモデル。フロント/リアに迫力のオーバーフェンダーと専用のスポイラーを装備している。エンジンはNAのまま3.8リッターまで拡大。ハイカム等のチューニングにより350psを超えるパワーを叩き出す。フロントフードとドアはアルミ製。


2006年 カレラGT 

2003年から2006年まで約1500台限定で生産された。もとはレーシングカーとして開発が進められていたこともあり、リヤやボディパネルもカーボン素材が採用されている。それにより、高剛性と軽量化が追求されている。ミドシップ縦置き5.7リッターエンジンはル・マン24時間用に開発されたV型10気筒エンジンをベースとしており、最高出力は612馬力を発揮する。


2019年 911 スピードスター

ポルシェの幕開けである1948年に誕生した"356 スピードスター"へのオマージュとして、2018年に70周年記念として世界1948台限定で発表されたモデル。ベースとなっているのは、現行GT3。エクステリアは、ポルシェとして初めて用意されたパーソナリゼーションのオプションである、ヘリテージデザインパッケージ仕様。カラーはGTシルバーメタリック。




クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING