スターウォーズとコラボレーション│ポルシェ・タイカン発表会

日本でポルシェ タイカンが初公開された同日、アジア発表会の一環としてシンガポールでも初披露された。そこでは、スターウォーズとのコラボレーションによって、近未来な空間の演出がされていたようだ。

"電動化された魂"というワードをコンセプトにオーケストラの演奏と共にスタートし、シンガポール中からメディアやオーナー、エンスージアストたち約300人のゲストが訪れた。この一夜だけ、マリーナ・ベイ・フローティング・プラットフォームが宇宙空間のように姿を変えたのだ。



“アジアは、ポルシェにとって重要なマーケットです。カスタマーやポルシェファンを順調に集めています。タイカンと共に新たな時代を築くことができるでしょう。タイカンの世界観はスターウォーズのスピリットとマッチしているのです。シンガポールでは、コラボレーションした発表会を出来て光栄です”と、ポルシェAGの海外マーケット代表を務めるマティス・ベッカーはコメント。

コラボレーションの一環として、ポルシェとルーカスフィルムはスターシップを共同デザインした。スターウォーズ最新作に登場するとのこと。一見すれば、ポルシェの要素が分かるものではないが、根底に流れるデザインフィロソフィーを共有しているのだ。互いにインスパイアし合い、作品を完成させた。デザインについて詳細は公開されていないが、スケッチ画を見てみるとポルシェの歴史に残るレーシングカー 917から着想を得ているようにも思える。




世界にその全貌が公開される日が待ちきれない。時間をかけてそれを生み出したメンバーも同様であろう。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING