カレラ・アバルトの真実│真のボディ製造元と、その製造数の解明③

カレラ・アバルトの真実│真のボディ製造元と、その製造数の解明②

残りのボディはこうした問題を解決した上で、トリノのロッコ・モットの作業場で造られた。「職人45名、パワーハンマーが3台」揃っていたので融通が利いたとモットは話している(職人の数にはそのハンマーの数も含めたようだ)。モットはカルロ・アバルトの訪問にも準備万端だった。そのときの様子をこう振り返っている。

「彼は荒削りなダイヤモンドで、いつも大声を張り上げていた。私は"いけない"と諭したよ。けれど、そのうちに彼を見直した。今では礼儀正しい友人に思えるよ。あの頃が懐かしい」

 
モットの仕事にはツッフェンハウゼンの技術者たちも舌を巻いた。モットはこう話す。「ドイツ人技術者から、ドイツに来るようにと熱心に誘われた。私のためだけに仕事場も用意すると言っていた。私が彼らの上に立って指図できるというなら行ったけどねえ。だけど、仕事をするだけならトリノのほうがいいよ」
 
タルガの2週間後、プロトタイプのGTLは実験的なディスクブレーキを装着してニュルブルクリンク1000kmレースに出走。リンゲ/グレーガー組は総合7位で、ディスクブレーキ装着のため割り当てられた1600ccスポーツクラスで2位という好成績を収めた。2人の最速ラップ10分23秒は、従来のクラス最速記録を20秒も塗りかえた。また、GTクラスで出走したシュトレーレ(シャシーナンバー1002)はクラス優勝を飾り、3台目のGTL(シャシーナンバー1003)を購入したゲルハルト・コッホはクラス3位でフィニッシュした。
 
6月のル・マンでは、プロトタイプ(シャシーナンバー1001)はヘッドライトにカバーを付け、通常のドラムブレーキを装着して、ワークスとしては唯一GTクラスに出走した。ボディは相変わらず雨漏りがひどく、対してポルシェのフレームは"水を漏らさなかった"ため、ヘルベルト・リンゲとハンス-ヨアヒム・ヴァルターは、シートやフロアが水浸しの状態で何時間も走行することとなった。


 
アバルト・カレラを最初に購入したシュトレーレにとってはお馴染みの状況だった。「雨のレースでは、窓やボディなど、あらゆる場所から水が入ってきた。横からも下からも常に雨が入ってくる。けれど水は出ていったよ。私たちは大きな穴を開けておいたから」だが冬のラリーではそうはいかなかった。「車内は凍り付いた。凍ったら穴があっても無駄だったよ!」
 
1960年のル・マンでヴァルター/リンゲ組はクラス優勝を飾り、出走したポルシェの中でトップの総合10位でフィニッシュした。ポルシェでは既に確認済みだったが、アバルトバージョンはロイター製カレラより速いことがル・マンであらためて証明された。ミュルザンヌストレートでは138 mph(222km/h)にも達したが、それでもクルマの最高速より6mph(9.7km/h)遅かったとリンゲは証言している。

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation:Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下 恵 Translation:Megumi KINOSHITA Words:Karl Ludvigsen Photography:Ludvigsen and Porsche Archiv

RECOMMENDED

RELATED

RANKING