自作のポルシェ911には様々な工夫が!自分のためだけの1台を造り上げる

自作の911プロジェクトをはじめるまで

2010年にクリスはふたたびアディダス社からオファーを受けてドイツに戻ることになった。もちろん2台のポルシェも一緒だ。「引っ越し直後に2~3カ月借家で暮らしてから、職場に近い場所に家を買った。新居のガレージは2台に充分なサイズだったし、職場まで車でたったの4分。昼休みには帰宅して、オフィスに戻る前にクルマの作業までこなせたんだ」

「あのプロセスははかどったよ。たとえば夕方に採寸して計画を立てると、翌日の昼休みに切り出しや成形の作業ができる。その日の晩には組み立てや溶接をして、翌朝に磨いて、といった具合さ。つまり、長期プロジェクトの中でやっと本格的に前進できたんだ」

塗装プロセス全体の費用

「ウインドウフレームはクロムで再メッキした。サイドウィンドウはアクリル製で、本物の"プレキシグラス"のロゴを焼印した。スタンプは僕が自作したものさ。リアウィンドウは、最初はアクリルをカットして作ってみたが、気が変わってね。今はレース用スタイルのストラップにオリジナルのガラスを組み合わせている。フロントのウインドシールドは、ガラスに熱処理を施したものだ」

「シングルワイパーは製作過程の初めのうちから使おうと決めていた。ただ、今後は二度と選ばないな。それでも、まぁ役立っているよ。1本だけのワイパーをセンターに配置すると、ボンネット上部にあるベンチレーター用の通気孔が塞がってしまう。そこで、ダッシュボードの下に並ぶファンを調整して、空気がウインドシールド側に吹き出すようにしたんだ。シングルにしたのでワイパーリンクは作り直さなければならなくて、VWゴルフGTI用の市販品を使って改造したよ。アームはアルミで製作して、リベット留めのワイパーピボットに取り付けたんだ。ただ、実製作の前にアームの適切な角度や長さを見極める必要があって、一時はいろいろな木製モデルが作業用ベンチに並んでいたものさ」



リストに並ぶ次の大型タスクは配線だった。クリスはドイツで知り会って親しくなったフィル・スミスに助けてもらった。シーメンス社に勤務する彼の提案で、電装系統はすっかり最初から再構築することになった。新しい配線、モダンなリレー部品類、ブレードフューズボックスなどを使っている。「配線はフィルが進めてくれて、僕は細かい仕上げ作業に集中できた。別の友人も、僕が燃料タンクを自作したときにサンドブラストを手がけてくれたよ。偶然なことに僕らが知り合ったのは、彼が自作のサンドブラストマシンを自宅ガレージで完成させたタイミングだった」

「2.2リッターのエンジンは、もとはT仕様だったが、中身はE仕様にしてウェバー40IDAを備えて、点火系はMSD 6ALにアップグレード。ファンシュラウドは軽量なRスタイルのFRP製に交換した。現状では排気系はスポーツタイプのステンレス製レーシングヘッダーと、ターボトーマス製911Rスタイルの2 IN/2 OUTシステムを備えた。どれもRSRのマウント方法にして、スーパープロ製ブッシュで固定したんだ」

「ギアボックスは901のドッグレッグ型だが、まだリビルドが済んでいないんだ。取り外したデフの点検やクリーニングまで済ませたものの、アウトプットシャフトを元に戻せなくなってしまってね。シャフトを取り外す時は、必ず一度に1個までと肝に銘じたよ」クリスの口調には後悔がにじむ。

標準のブレーキシステムはオーバーホールしてそのまま使うことにしたが、ブレーキラインは現代の強靱なグッドリッジ製とし、柔軟性に富むスチールメッシュのブレーキホースと組み合わせている。キャリパーは912用のリビルド品だが、将来的にはビレット6やイギリスのデボン州にあるR to RSRが製作する4ポット式に交換する予定だという。

さらに、このプロジェクトの方向性を左右するのはホイールとタイヤだろう。クリスはこれにマッチする細くシンプルなデザインのものとして、なんとポルシェ964に搭載されているスペアタイヤ用アルミ製スペースセイバーリムを選び、コンチネンタル・スポーツコンタクトの195/50×16を履かせた。随分と完成に近づいたものの、さらに内装などの作業が続く。

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation: Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:フルパッケージ Translation: Full Package Words: Keith Seume Photography: Daniel Schaefer

RECOMMENDED

RELATED

RANKING