ポルシェの歴史において重要なクルマを少しご紹介

ポルシェの歴史において重要なモデルを少しご紹介。


1948 ポルシェ 356 No.1 ロードスター 
ポルシェの名を冠した最初のスポーツカーは、1948年春にオーストリア(ケルン テン州)の小さな町グミュントで造られた。類を見ないクルマを造ることで、 フェリー・ポルシェは初めて真に現代的なスポーツカーという概念を具現化したのだ。プロトタイプ、ポルシェタイプ 356“No. 1”は 6月8日に走行準備が整い、 ケルンテン州政府はこの車に特別な公道走行許可を与えた。このスポーツカーには、最高出力が35psまで高められたVWのエンジンがミッドシップに搭載されていた。ポルシェ356 “No. 1”の車両重量は 585kgで、最高速度は135km/hに達し、1948年8月にはインスブルックで開催されたロードレースに出場し、その優れたスポーツ性能をはっきりと証明したのである。



1950 ポルシェ 356 クーペ“フェルディナンド” 
1950年の復活祭前の聖木曜日、ポルシェの歴史において新しい時代が幕を開けた。シュトゥットガルトで量産されることになった最初の356がプロダクションホールで完成したのである。ポルシェでは伝統的にテストカーには全て名前が付けられているが、新ミュージアムで展示されているモデルは“フェルディナンド” と呼ばれ、1950年9月3日に75才の誕生日を迎えたフェルディナンド・ポルシェに贈られた。その後、この車はテストカーとして使用された1台。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING