1948年以前のポルシェを見せるポルシェミュージアムの展示

ポルシェミュージアムの展示エリア「1948年以前のポルシェ」では、エッガーローナー電気自動車やホイールハブに電気モーターを搭載した1900年製の「ローナーポルシェ」をはじめ、1948年にグミュントで自社モデルの生産を開始するまでの期間に、フェルディナンド・ポルシェが世に送り出した幾多の作品をそれぞれのエピソードとともに紹介されている。

そのほかにも、航空機用エンジンや“アウストロ・ダイムラー・モトアスプリッツェ”消防車、「サーシャ」アウストロ・ダイムラータイプやアウストロ・ダイムラー・ベルクマイスタ―、そしてすべてのポルシェ車の先駆けとなる伝説的なアルミニウムボディのモデル、“タイプ64”が展示されている。



また、戦後のものとしてはポルシェによって開発されたグランプリレーシングカーのタイプ360 「チシタリア」、さらに合計2150万台が製造され、ポルシェの作品のベストセラーとなった 「VWビートル」 も。そしてこのプロローグを締めくくるのは、「ポルシェNo.1」 と呼ばれる、1948年に生まれたポルシェ356の第1号プロトタイプだ。個々の展示品はフェルディナンド・ポルシェの生涯のマイルストーンであるばかりでなく、ポルシェとポルシェ ブランドが打ち出してきた一連のビジョンが反映されている。

ミュージアムの展示全体を貫く基本トーンは「ポルシェの理念」。プロローグに始まり、年代順に陳列されたポルシェプロダクトとモータースポーツの歴史とともに来館者は歩を進めながら、すべての展示エリアを経由して会場の出口にいたるまで自然に回ることのできる構成となっている。

現在のポルシェAGは、前身企業の過去に真摯に向き合い、その歴史に関する分析を永遠の課題として受け止めているのだ。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING