ポルシェ モータースポーツで収めた成功の秘訣

1970 年代初期、ポルシェはモータースポーツでかつてないほどの成功を収めた。ツッフェンハウゼンに本社を構えるスポーツカーメーカー、ポルシェはあらゆるライバルを大きく凌ぐ実力を示したのだ。その原動力は技術への信頼であった。

軽量構造設計の面で他のメーカーをリードするポルシェは、最もパワフルなエンジンの開発にも着手した。当時のモータースポーツの世界はポルシェ 917 の全盛期であった。それを象徴するように、例えばポルシェミュージアムでは 917に搭載された水平対向 12 気筒エンジンを分解し、その各種構成部品を展示している。



このエンジンの最高出力は1,200 PS(883 kW)。ポルシェの歴史の中で最強のパワーを誇るターボエンジンで、1973年の917/30に搭載さ れたもの。レーシングカー向けに開発された過給技術は、生産型のロードゴーイングスポーツカーにも受け継がれている。現在、「ターボ」はポルシェのテクノロジーの代名詞と言えるほどの存在となっているのだ。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING