34年をかけ「疲れ果てた」姿からサーキットマシンへと進化したポルシェ911

Photography:Andy Tipping

初期型911 Sレジストリーの管理人を務める一人であるジョン・ディルガーが保有する、〝疲れ果てた〞1971年911カレラSは34年をかけ、美しいサーキットマシンへと進化を遂げた。

ポルシェといえば軽量、高性能、緻密、耐久性というキーワードがいつの時代にも付いて離れず、モータースポーツとは切っても切れない間柄だ。週末の草レースから国際レースまで、ポルシェの姿を見かけないことはない。それこそ世界中に愛好者がいて、911をチューニングするノウハウは潤沢に蓄積されている。しかし、今回紹介する71年式911カレラSのオーナー、ジョン・ディルガーの右に出るエンスージアストも少ないと思う。

ジョンは" R-Gruppe"のメンバーであり、初期型911Sレジストリーの管理人であり、クラブの会報誌『Esses』でライター兼カメラマンを務めてもいる。いつもは取材する側が取材されるのは新鮮だとジョンは笑う。



「1972年に大学を卒業後、たまたま新聞広告で見つけた地元のポルシェセールスマンの職に就きました。奇しくも前年、同じディーラーで914を購入したことに縁を感じましたね」

当時、ポルシェの販売手法はユニークで、セールスマンはいわば"実演販売"していた。保険代もガソリン代もディーラーが経費負担し、セールスマンは売り物を乗り回しながら販売していたのだ。引き渡し時には数千マイル走っていることもザラだったが、そうした"デモカー" に新車保証がつけられて購入者に納車されていた。

編集翻訳:古賀貴司(自動車王国) Transcreation:Takashi KOGA (carkingdom) Words:Alex Grant

RECOMMENDED

RELATED

RANKING