「グミュント」で偲ぶポルシェが小さな工房だった頃の歴史

ポルシェの心の故郷ともいえるプフォイホーファー・ミュージアムを訪れたロブ・プリチャードは思わず息を呑んだ。そこにあったのは製作途上さながらの、20番目の356、グミュント・クーペだったのだ。

時は1948年秋、オーストリアの小さな村グミュントに、そこだけハンマーの音がけたたまく鳴り響く工房があった。ドア越しに工房の中をじっと見つめる少年がひとり。眼差しの先にあったもの、それが彼の人生を大きく変えることになる。少年の名前はヘルムート・プフォイホーファー。その名は現在、この村のポルシェ自動車博物館の名称となっている。そこはポルシェが認める世界でたったひとつの個人所有のミュージアムなのである。

すべての写真を見る
 
第二次大戦が終結したあともなお、ドイツには荒廃した空気がくすぶり続け、ドイツの工業界は厳しい統制のもとに置かれていた。フランスによって拘束されていたフェルディナント・ポルシェの本国送還手続きが完了すると、息子フェリーは父が獄中頭の中に描いていた新たな設計構想を実際に製作に移せる場所を探さなければならなかった。


 
グミュントはかつてフェルディナントが数々の発明品を作っては壊した試験場があった場所。それ時ゆえ他の土地よりははるかに馴染みがあった。そこはヨーロッパでもっとも勾配のきついことで有名なキャツベルグ・パスにほど近く、なにかあればしばしば訪れるほど近しい土地だったのだ。フェリーは、村に投資してくれる企業を誘致することだけが生きがいの村長にコンタクトをとり、いともたやすく古城の麓にある、すでに役目を終えていた製材所を使用する権利を得た。
 
そこで最初の試作車を作るために、かつてフェルディナントと苦楽をともにした300人を超える従業員をドイツから呼び寄せた。その試作車とはミドエンジンの356-001だったのだが、新会社を軌道に乗せるにはそのようなプロジェクトだけでは財政難となるのは必至だったので、フェリーは水力ウィンチを手始めに土地の農家に向けた製品作りを手がけたりもした。さらに、フェルディナントが獄中から解放される頃には、フェリーの設計によるいっそう現実的な356クーペがすっかり製品化への準備を整えるまでに仕上げられていた。

編集翻訳:尾澤英彦 Transcreation:Hidehiko OZAWA Words:Robb Pritchard Photos:Robb Pritchard, with Helmut Pfeifhofer Porsche Automuseum and KS

RECOMMENDED

RELATED

RANKING