ポルシェの祭典!クラポルパ2019 参加車両紹介 第一弾 ポルシェ356①

2019年11月10日(日)、富士スピードウェイにてクラシックポルシェパーティ、“クラポルパ”が開催された。空冷水平対向4気筒に、水冷直列6気筒、水冷V型8気筒、そして最も多く見られた空冷水平対向6気筒。ノーマル車はそれらしいピュアなサウンドを発し、チューニングが施されているものは迫力のサウンドを奏でる。どれを好むかは人それぞれ。
 
第二回目の2019年はエントリーしたポルシェ1台ずつに、それぞれのアピールポイントなどを記載したボードを置き、どんな1台であるのか楽しみながら各人気に入った10台に投票する「クラポルコンテスト」を実施した。300台を超えるポルシェをすべて見るとなると体力も必要となるが、クラポルパに訪れたポルシェエンスージアストたちはじっくりと見ながらそれを堪能している様子だった。300台以上のポルシェで富士スピードウェイのイベント広場が埋め尽くされたのだ。

参加車を少しずつご紹介していこう。


1956 ポルシェ 356 スピードスター 2019年度クラポルパ大賞


1953 ポルシェ 356 普段は911を足にしているが、356も楽しいというオーナーのもとで暮らす1台。


1954 ポルシェ 356 クーペ 赤や緑が多い中、黒の356は珍しく、会場でも1台だけだった。


1953 ポルシェ 356 プリA こちらも珍しいルビーレッドに身を包む。ひとりどこか違った妖艶な雰囲気だ。


1964 ポルシェ 356 カレラ GS ブラックのハードトップが個性的で美しい1台。ボディはまっさらなホワイト。


1960 ポルシェ 356B こちらも同じくブラックのハードトップを持つが、フロントマスクも含め様々な場所に違いが見られる356B。


1958 ポルシェ 356A 1600S 2018年度 クラポルパ大賞授賞車。


1956 ポルシェ 356 カレラ オリジナルグッズも多数車内に備えていた356 カレラ。


1964 ポルシェ 356C イベントでもよく見かける356。イエローのヘッドライトを備えるだけでも大きく印象が異なるものだ。


1964 ポルシェ 356 SC 356の中でも高性能な最終進化を遂げたSCモデル。最高出力は95hpを発揮する。


・・・・クラポルパ参加車両紹介まだまだ続く!

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING