マイナス40度の中をポルシェで駆け巡る!唯一無二の環境で自分への挑戦

Porsche AG

1991年 ポルシェ911(964)カレラ2が、フィギュアスケーターのように華麗に氷上を駆け巡った。様々なゲームのやり方があるが、チーム内でドライバー同士がポイントをつけ合うということはなかなかないだろう。しかし、スウェーデン・ラップランドの凍結した湖で行われる「ウィンター・パフォーマンス・トレーニング」では、コースから外れたドライバーにはペナルティとして「ムース(ヘラジカ)ポイント」が与えられる。

コースオフした場合は1ポイント、雪壁に突っ込み脱出に牽引フックを使用する場合は3ポイント。まず、このトレーニングで覚えなければならないのは、クルマをスライドさせるとコースを台無しにしてしまうということ。そこで登場するのは、雪と氷のコースを作るという重要な任務を持った男たち「アイスメーカー」だ。

アイスメーカーのワーキングシーズンは12月1日にスタートする。なぜ12月の初日なのかと聞くと、アイスメーカーのヨハン・セルボムは「いつもそうだったからですよ」と肩をすくめる。

31年前にスウェーデンで生まれた彼は、ストックホルムから北へ859kmの位置にある湖​​の3分の1を所有しているという。スノーモービルや特殊な工具が取り付けられたトラクターなど、ヨハンが所有する“大部隊”は見るからに強力で、その隣に置かれたポルシェ911がまるでオモチャにすら見える。「凍結湖の準備は、いつも氷の厚さを測定することから始まります。その後、担当者がコースレイアウトを決定します」と、セルボムは話す。



氷上に積もった雪を吹き飛ばし、ヘラジカの道を意味する「ムースロード」をつくる。作業から170時間後、湖を横断するコースの下準備がやっと完了する。GPSデータに基づき、セルボムはムースロードの左右にある雪と氷でスノーバンクを作り、コースを形作っていく。そのレイアウトはベルギーのスパ・フランコルシャンのコーナーなど、有名なレーシングコースにもよく似ているものだ。

アイスメーカーはドリフトも得意。「時間があれば、ここでインストラクターとして働くこともあります」と笑顔でセルボムはいう。また、コースを後にする前にコーナーに積もった雪を払うのも彼の日課だ。雪は夜間でも構わず降りしきり、早朝には再びコースを完璧に整備する必要がある。

アイスメーカーに次いで重要なのが、イベントの講師である「ぺトロールヘッド」だ。ドイツ・ウィスバーデンで生まれたパトリック・サイモンは、現在ニュルブルクリンクVLN耐久選手権のサーキットインタビュアーを務め、ADAC GTマスターやフォーミュラEでは中継のコメンテーターとしても活躍している人物。

サイモンは1988年にカートでレースキャリアをスタートし、ポルシェ・カレラ・カップ、ドイツ・ツーリングカー・チャレンジ、ドイツやヨーロッパのフォーミュラ・フォード、ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦経験を持つ。現役レーシングドライバーの時代から、冬の時期はラップランドに4週間滞在してきたのだ。

「ヒストリックカーの魂を体験するのはいつだって楽しいことです。飽きるなんてありえません。凍結湖でポルシェを運転するのは最高に気持ちがいいんです」と、サイモンは話す。身長193cmの偉丈夫な彼には怖いものなど何もないようにも見える。冷静さを特徴とするが、自身が手がけたウィンター・パフォーマンス・トレーニングについて語り始めると、情熱が急に溢れ始めた。「ここは夢が叶う場所です。ヒストリックカーを使って限界レベルに近い走りができるなんて他にないでしょう?」と911 カレラ2のシートに腰を下ろし微笑んだ。 



参加者は前を走るサイモンの車両を追ってコースを走行。彼はレッスン中、左手にトランシーバーを持ちながら、器用にポルシェを操る。そして、ウィンター・パフォーマンス・トレーニングの初日に、華麗なテクニックで美しいドリフトを披露してくれた。参加者誰もがモチベーションに満ち溢れていたのだ。周囲の世界を忘れて、完璧なステアリング角度、適切なスロットル開度、ブレーキング、ドリフトを始める完璧なタイミングなどに没頭していた。そして氷上で完璧なドリフトを決めた瞬間、そこには「ついに欲しいものを手に入れた!」という興奮を覚えるだろう。

日没前の数分間、小さな雪の結晶が目の前で輝き、美しいダンスを繰り広げる。冬には気温がマイナス40度まで下がるが、少しの幸運と忍耐があれば空を彩るオーロラも見られるかもしれない。これほどロマンチックな空間でポルシェを楽しめる場所は、ここでしかないだろう。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED