ボルトの1本に至るまでフルレストア!ひねりの効いたポルシェ911が完成するまで

これは、「羊の皮を着た狼」真っ赤なポルシェ911が秘めたスピードとパンチとは?の続きです。

サスペンションをフルレストアする間に、エンジンは仲間のマーティーに送った。130bhpの2.0リッターエンジンを2.2S仕様にコンバートするためだ。ボア84mmのシリンダーとピストンに交換し、ヘッドに手を加え、カムシャフトも交換した。その結果、出力は推定180bhpにまで向上した。

 
外観のオリジナリティと同様に、標準装備のソレックス製ツインキャブレターもそのまま生かした。ソレックス・キャブレターが残っていたのもこのクルマの特徴だ。初期型の911は、いずれかの時点でウェバーに交換されている場合が多いのである。しかし、ソレックスをきちんと調整して作動させるのは容易ではなかったとマグナスは話す。苦労の甲斐あって、今ではドライバーの気分次第で、子猫のようにのどを鳴らすことも虎のような唸りを上げることも可能だ。

すべての写真を見る
 
パフォーマンスの向上を計算に入れて、ブレーキはデュアル・マスターシリンダーとSスペックのベンチレーテッドディスクに4輪ともアップグレードした。また、ホイールもオリジナルの4.5Jではなく、1968年式の15インチ5.5Jのクロームめっきスチールホイールに代えた。とはいえ、よほど目ざとい人でなければ気づかないだろう。それは、フロントサスペンションをわずかに下げている点にも当てはまる。ハンドリングを改善するため、タイヤも太いものにした。オリジナルは165 m m 幅だったが、現在は195/65のブリヂストン製ラジアルタイヤを履く。


 
クルマを購入した際には、シートとドアパネルとステアリングは失われていたが、マグナスは当時のパーツをストックしているので、それほど問題にはならなかった。計器類はもちろん標準のヨーロッパ仕様だが、きちんとリビルドして再調整し、メーターを囲むベゼルもクロームめっきをやり直した。計器の下を飾るのは、オリジナルの化粧板を模したマホガニーのパネルだ。

この工夫によって、1960年代中頃のベッカー社のラジオ「メキシコ」を中央に付け加えることができた。すぐ近所に木工所を見つけると、オリジナルをベースにすべてが収まるパネルを製作してもらい、最後にマグナスが退色処理を施した。パネルの内側には後期のステレオスピーカーが隠れている。

 

RECOMMENDED

RELATED

RANKING