オフロードも走れる最強仕様ポルシェ911を製作!通勤、買い物にも

"すべてのシティカーが、平等というわけではありません"と話すのは、ユーチューバーでもあり、モータージャーナリストでもあるマット・ファラーだ。彼はニューヨークからアメリカの西海岸へ引っ越してすぐに、ロサンゼルスは公共交通インフラが崩壊しているということを日々感じさせられることになった。

クルマでの通勤は、都市における通勤風景というよりも、山岳部のトレイルランのようだったのだ。巨大な州間高速道路405号線からベニスビーチのダウンタウンにあるひび割れた道まで、あらゆる路面をスムーズに走れたのはバハ仕様に改造されたピックアップトラックだけ。

「ここには、地球上で最もスポーツカーのドライブに適したエンジェルス国立森林公園や、マリブ・キャニオンのワインディングロードはありますが、都市圏の移動はまさに悪夢ですよ」とファラーは苦笑いした。 「交通インフラは完全に崩壊しています。道路補修はほとんど行われていませんし、高速道路のジョイントはスポーツカーオーナーとっては考えたくもないものでしょう。それに加えて、LAのように拡大を続けている都市は、いつだって渋滞です。車高の低い現代のスポーツカーにとっては、悪夢のような環境ですよ」



劣悪な交通環境において、オフロードサスペンションを備え、巨大なサイドウォールを採用しながらも都会的なエクステリアを持つピックアップスポーツ「フォード ラプター」は、まさに“ゲームチェンジャー”といえる存在となったわけだ。しかし、車での移動がしやすいLAでさえ、タイトな市街地での走行にはその幅広ボディが邪魔になるのだ。そこでファラーは、あるアイデアを思いついた。

「ラプターのようなクルマが欲しかったのですが、ボディは小さいものが良い。そして、たどり着いたのは車高を上げたラリーカーだったのです。レー・キーンが手がけたサファリ 911をドライブした瞬間、ビビンときたのです。『探していたのは、コレだ!』とね」 グランダム・ロレックスGT選手権を2度制し、熱狂的なポルシェ・ファンでもあるレー・キーンは、どこにでも移動できる車を望む人に向けてサファリ 911を開発した。彼はかつて、サファリ・ラリーやダカール・ラリーで活躍したラリー仕様の911を現代に蘇らせようとしたのだ。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING