世界に一台だけのポルシェ356 リムジンカスタム?落札金額は・・・

ポルシェを中心とした車コレクターのジョン・ディクソンは、オハイオにあるミュージアム"Taj Ma Garaj"を残したまま、2013年にこの世を去った。そして、そこにあったコレクションのすべてが、2019年9月にRM Sotheby’sが開催したオークションに出品された。

VWも数台含め30台を超える車と、オートモビリアコレクションの数々が世界中のコレクターから注目の的となった。その中で、特に変わった1台があった。それが、この1953年 ポルシェ 356 リムジンだ。見ての通り356がリムジンにカスタマイズされ、ソフトトップのサンルーフやミニバーなどが備えられている。架装されたパーツはVW ビートルから取ってきていると予想されているものの、実際は不明だ。初期の356において特徴である、折れ曲がったようなフロントウィンドウは残されているようだ。



内装は美しいキャメルブラウンに仕上げられており、カーペットもレザーとマッチするよう特注で作ったブラウンのものが敷かれている。残されたロイターのバッヂもポルシェの歴史を感じさせる。完成度の高さからも非常に興味深い一台であるが、いつ、どこで、誰の手によってこの姿へとカスタムされたのかは謎のままだという。



推定落札価格は、15万ドル(約1620万円)~25万ドル(約2700万円)だったが、20万7200ドル(約2237万7600円)だった。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING