2020年の雪上レースにはタイカンも参加!歴代ポルシェが大集合

積雪の上を様々なマシンで走り抜けるレースイベント、GP Ice Raceが2020年はオーストリアのウィンターリゾート地を舞台に開催された。

2019年に約40年ぶりの復活を遂げ、世界中からエンスージアストたちが集まり大成功をおさめたこのイベント。2020年は雪の中を走り抜けるクルマを一目見ようと1万6000人もの観客が訪れた。今年は一周600mのトラックに40cmの雪が積もっていたそうだ。そこを、レースカーやラリーカー、ロードカーまでジャンルを問わずに数々のクルマが駆け抜けるのだ。

すべての写真を見る





昨年の開催で、ポルシェはアイスレースを象徴する一台である550 スパイダーも持ち込み、大きな話題を呼んだ。そして、今年の開催ではさらにラインナップが強化された。元ワークスのラリーカーや、伝説のレーシングマシン935はオリジナルと復刻版が揃って姿を現した。フォーミュラEの99X エレクトリックもいる中で、もちろん356やナローといったモデルも雪上を走った。2020年らしく、ポルシェ初のEV タイカンも数台が参加していたこともトピックだ。





2000年代ではまだ2回目の開催だが、すでにモータースポーツエンスージアストからは大人気イベントとなっている。2021年も、どのようなポルシェが集まるのか楽しみにしよう。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING