春夏秋冬、ドライビンググローブのすすめ

クラシックポルシェに限らず、運転中にもっとも触れてい時間が長いのはステアリングホイールだ。しかしクラシックなステアリングホイール、特にレザー製のものは傷みやすい。そこでドライビンググローブという解決策はいかがだろうか。オープンモデルオーナーなら特に冬場のグローブの有り難みはご存知の方も多いだろう。

汗ばむ夏場の長距離ドライブにもグローブ、特にメッシュタイプのそれは大活躍する。以前からドライビンググローブに力を入れてきたル・ガラージュ最近のおすすめはCACAZAN(カカザン)の鹿革グローブだ。国内有数の手袋生産地だった香川県で約40年の実績を持つファクトリーブランドである。

CACAZANのグローブに手を通すと感じるフィッティングの良さは、具体的にその理由を探せば、ノウハウが詰まったオリジナルの抜き型だったり、立体縫製の工程によって使い分けるミシンだったり、指先にあわせた微妙なカーブを生み出す電熱式の「くり金」だったり、そんな日本製らしい匠の技の数々だ。

もちろん英国のDENTSなどファッショナブルな海外ブランドのグローブも魅力がある。グローブこそ、自分にあうものを探すにはお店でじっくり比べてみるべきだ。

文:馬弓良輔 Words:Yoshisuke MAYUMI

ル・マン24時間を始めWECの幾多のレースシーンで、人々に強烈な印象を残してきたガルフカラーのマシン。なかでもフォードGT40とポルシェ917にとって、このブルーとオレンジのカラーリングは重要なアイコンとなっている。

株式会社アクシス

住所:〒106-032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル1F

TEL:0335872785  / MAIL : shop10@example.com

営業時間 : 11:00~ 19:00 / 定休日:なし (夏期・年末年始休業)

公式サイト:https://www.legarage.jp/

RECOMMENDED

RANKING