実現しなかったギアのポルシェ│なぜ出来なかったのか?

この記事は『イタリアン・ファンタジー│ポルシェとイタリアン・カロッツェリアの世界』の続きです。

1956年4月にはセルジオ・サルトレッリという、トリノ工科大学を卒業したばかりの若手が加わった。「ギアでの最初の仕事はサボヌッツィの手伝いだった」とサルトレッリは当時を振り返った。「小さなプロジェクトからアラブの王様のための巨大なクライスラーまで、何でも手がけた。1957年の末、サボヌッツィがギアからクライスラーに移籍した後は、プロトタイプデザインのチーフとなり、1963年の初めまでその仕事を務めた」 

 
1928年生まれのサルトレッリは、プロらしい振る舞いを身に着けた物静かな男だったが、その奥には自動車デザインに対する非凡なアイデアと情熱を隠していた。セグレの下で彼はデザインチーフとして、大手メーカーのために無数のプロジェクトを担当したが、そのうちのごくわずかしか公にされていない。クライスラーとの関係は依然として緊密で、ギアはアメリカのメーカーのためにいくつものプロトタイプを製作した。
 
サルトレッリがギアに加わってからわずか3カ月後、ポルシェはより大型のモデルをラインナップに加えることを決定した。間もなくシュトゥットガルトは外部の才能を利用することも決定、たとえばアルブレヒト・ゲルツは、エルヴィン・コメンダとブッツィ・ポルシェが内部で進めていたデザインコンセプトを発展させる仕事を請けたという。
 
ヨーロッパの自動車業界に有力なネットワークを持つセグレも、ポルシェの計画を見逃すはずはなかった。それはまさにカロッツェリア・ギアに最適な仕事のように思えた。7 年前のポルシェとの関係は、研究のためのもう1台の356シャシーをもたらした。だが今回は4人乗りというだけでなく4ドアモデルだった。ホイールベースを延長したそのランニングプロトタイプは1960年に完成した。

編集翻訳:高平高輝 Transcreation:Koki TAKAHIRA Words:Karl Ludvigsen Images:Ludvigsen Archive

RECOMMENDED

RELATED

RANKING