理想的なポルシェのアウトレット│ヨーロピアン・コレクティブルズのストーリー

1986年の創業以来、南カリフォルニアに位置するヨーロピアン・コレクティブルズはさまざまなクラシックカーの取引で名評を築きあげてきた。しかし18年前に、社は注目の主軸をポルシェに定めた。オーナーのニック・クレメンスとセールス・マネージャーのクリス・キャスラーによる指針だ。『Classic Porsche』誌がその詳細に迫る。

南カリフォルニアで開催されるオール・ポルシェ・ウィークエンドは、いまや見逃せないイベントに成長した。イベントでは18カ所のオープンハウスが著名な専門ショップや会社によって主催され、周辺では数多くの催しが開かれた。中でも注目を集めたのが、カリフォルニア州コスタメサのヨーロピアン・コレクティブルズ社だ。
 
人気の所以はここに掲載した写真からもうかがえることだろう。趣あふれるレンガ造りの建物に、文字どおり何十台もの魅力的な356、911、912が、いつでも販売できる状態で整然と並ぶ。理想的なポルシェのアウトレットだ。
 
ヨーロピアン・コレクティブルズの成長談は1986年に幕を開けた。ニック・クレメンスによる先見の明の賜物だ。ニュージーランドで育った彼は、ヴィンテージカーや古い時代のポルシェに次第に惹かれていったという。「ドイツのエンジニアリングに馴れ親しみ始めたのは十代の頃です。入手できるフォルクスワーゲンを片端からリビルドしていました」


 
1980年代に米国に転居した彼は、工具や金型の業界で仕事に没頭するかたわら、ヴィンテージ車の売買にも乗り出した。当時の取引には『リサイクラー』誌のような地域密着型の広告誌の影響が強く、ニックは「ヨーロッパのクラシックカー、なんでも取り扱います。故障の有無は問いません」と広告を掲載した。このサイドビジネスは軌道に乗った。あまりの盛況に彼は辞職を決意し、1986年にはクルマへの情熱にフルタイムで専心することになる。そして80年代のうちに誠実な常連顧客層を集めてしまっていた。当時の米国外の好景気にも支えられ、顧客はオーストラリア、イギリス、ヨーロッパ大陸諸国、日本にも広がった。
 
1990年代に入り、50年代や60年代のスポーツカーはふたたび脚光を浴びるようになった。ヨーロピアン・コレクティブルズがいよいよ名声を固めたのもこの時期だ。週刊広告の『リサイクラー』誌のおかげで、取引数は依然として多かった。勤続20年以上のセールス・マネージャーであるクリス・キャスラーが記憶をたどる。

「あのころ『リサイクラー』誌には911Sや356SCのサンルーフ・クーペがたった1台ということではなく、10台は掲載されていたものです。価格帯は1万5000~2万5000ドルほどだったでしょうか。古き良き時代、楽しいひとときでした。当時に比べると、昨今のビジネスはより難しくなっています。お客様の次のクルマをどこで見つけるのか。そうしたところから取り組む必要があります」
 
ヨーロピアン・コレクティブルズが1990年代に販売を手掛けたのは、ジャガー、オースチン・ヒーレー、MG、トライアンフ、アストンマーティンなど、英国車が大半であった。ポルシェも時おり見かけられたという。修理を必要とするクルマも含まれていたため、ニックとクルー達は軽微なレストアにも頻繁に取り組んだ。5年も10年も放置されていたクルマは、ふたたび走行できる状態に整備されることで価値が上がり、その多くが米国外に送られたという。


 
1996年にクリス・キャスラーがセールス職を求めてニックにアプローチした。クリスの得意分野は彼がともに育ったポルシェ356で、356のクラブにも関わり、ヨーロピアン・コレクティブルズへの入社前には数年間をかけてレストアもこなしていた。彼が当時を回想する。

「インターネットが普及する前に米国のマーケットで人気があったのは、『ヘミングス・モーター・ニュース』誌の広告でした。写真撮影にはフィルムを使いましたし、現像も必要でした。そしてUSメールや、当時はまだ目新しいサービスだったフェデックスで郵送したものです。価格表は私が手作業でプリントして、販売車の総目録を海外にも地元にも広告しました。その後2~3年のうちにポルシェの取引が目立ち始めて、購入台数も販売台数も増えるようになりました。南カリフォルニアのアウトレットである私たちに米国内の顧客からも次第に関心が集まり始め、ヨーロピアン・コレクティブルズの焦点も変遷していきました。この頃には米国内の景気も好転していたのです」


どんどんと広がっていくポルシェの世界・・・次回へ続く

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation:Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:フルパッケージ Translation: Full Package Words & Photography:Stephan Szantai

RECOMMENDED