フルレストアに18ヵ月以上ということも│ヨーロピアン・コレクションに潜入

この記事は『理想的なポルシェのアウトレット│ヨーロピアン・コレクティブルズのストーリー』の続きです。

ハリウッドの映画スタジオからニックに連絡が入ったこともあった。ジャガーのEタイプ、しかも右ハンドルでユニオンジャック旗のペイントを施したクルマが必要だという。当初ニックは、どうせすぐに忘れられてしまうような映画だろうと思ったものの、実はこのおかげで誕生したのが、かの映画『オースティン・パワーズ(Austin Powers)』に登場したあの"シャガー( Shaguar)"である。Eタイプのこの名車は今日では世界でも有数の価値を有している。

 
21世紀に入ってからポルシェの人気はいよいよ高まり、ヨーロピアン・コレクティブルズは取り扱いの主軸を356と911に移し始めた。クリス・キャスラーや、昨年に惜しまれて他界したジェフ・トラスクのような熱心なポルシェ・ファンの支持を得てのことである。ジェフとは、「ポルシェ356クラブ」の元代表や、カークラブ「912レジストリー」の創設者として、米国のポルシェ・シーンできわめて意欲的に活動したエンスージアストだ。この頃はちょうど英国車マーケットの失速も重なり、空冷ポルシェに集中する方向性はビジネスの観点からも理に適っていた。


 
現在、本社はニックが立ち上げた最初のショップからかなり離れた場所に位置している。1990年代にはロサンゼルスの南にあたるオレンジ・カウンティに拠点を置き、作業ベイも1台分にすぎなかったという。しかし取引の成長とともに追加スペースが必要となり、社は2回ほど移転した。現在のヨーロピアン・コレクティブルズは、太平洋から2マイルと離れていないコスタメサのバブコック・ストリートを拠点としてから12年となる。諸設備を含めた敷地面積は約2.8 ㎢におよび、数多くの従業員が日々のタスクにいそしんでいる。
 
それでも、社の専門は依然としてクラシックカーの売買であることは、特筆しておく必要があるだろう。何台ものクルマが多様なベイで作業を施される様子は、よくあるリペアショップのように見えるかもしれない。しかし、ここに並ぶのはヨーロピアン・コレクティブルズが購入してきたばかりのクルマだ。購入直後のクルマには軽いメンテナンスやリペアが必要とされるため、丁重な作業が加えられる。シートやカーペットを替えることもあれば、ギアボックスやキャブレターをリビルドすることもあるだろう。取材陣が訪れた際には、スタッフが1964 年の356Cクーペを手がけていた。10年間にわたり運転されていなかったため、燃料やブレーキのシステム、ディストリビューターやキャブレターなど、あらゆる箇所に何かしらの"まごころケア"が必要とされていた。

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation:Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:フルパッケージ Translation: Full Package Words & Photography:Stephan Szantai

RECOMMENDED