ポルシェも工場を2週間閉鎖│スタッフはモバイルワークで対応

Porsche AG

COVID-19の影響を受け、世界中で自動車メーカーは工場閉鎖や従業員の出社禁止措置を行っている。ランボルギーニ、フェラーリ、フォルクスワーゲンなどに続き、ポルシェもドイツ・ツッフェンハウゼン本社工場とライプツィヒ工場の製造ラインを3月21日から2週間に渡り一時停止させると発表した。

世界での混乱が要因でサプライチェーンに生産性の低さや低効率な事例が起きており、これ以上通常どおりの生産は不可能であると判断したためだ。ポルシェは、ひとつの世界的ブランドとして、社会的責任も大きいことも自負している。

「ポルシェはこのような措置を取ることで、スタッフと現場を守り、コロナウィルスの蔓延を防ぎます。これからどうなるかは正直分かりません。ひとつ確かにいえることは、2020年はチャレンジが多い年になるということです。厳しい判断でこのパンデミックを共に乗り越えるしかありません」とポルシェAG CEOのオリバー・ブルーメはコメントした。

また、工場閉鎖に加えて、出張の禁止、モバイルワーク、会議はすべてビデオか電話のみで行うという決断も下した。工場再開については、状況を見ながら判断していくとのこと。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING