お気に入りの356ロードスターで世界中を駆け回る!│思い出の数々

この記事は『ヨーロッパをお気に入りのポルシェ356で駆け巡ったオーナーが語る魅力とは』の続きです。

こうして数カ月間ロードスターを楽しんだ頃に、海外で冒険をする機会が近づいてきた。そこで、エンジンの点検を受けることにし、ジョン・モワットにシャシーダイナモテストの予約を入れた。台上試験の結果、後輪で97bhpという立派な数字を計測した。 


最初の本格的な遠出は、ノルマンディーのドーヴィルで開催されたポルシェ356国際ミーティングだった。ロードスターは非の打ち所のない走りをしたと胸を張って言える。金曜日にはこんな出来事があった。トム・ピードとジョン・ハーンと一緒にホテルへ戻る途中、田舎道を飛ばしていたときだ。前を走る青い小型車になかなか追いつけない。
 
私はそれでも踏み続けた。クラシックポルシェの実力を現代のクルマに思い知らせてやろうと思ったのだ。ところが横に並びかけたところで、そのクルマの側面に大きく書かれた「Gendarmerie」(軍警察)の文字が目に入り、あわててブレーキを踏んで後ろに引き下がった。ドライバーが笑みを浮かべるのが見え、「馬鹿なイギリス人だ」と思っているのだろうと私は恥じ入った。あとで聞いた話では、地元の警察は事前にイベントについて説明を受け、"観光促進のために"寛大な対処を約束していたのだそうだ。


 
次の長旅の目的地は、ル・マン・クラシックが行われるサルト・サーキットだった。様々な理由で思い出深い旅だ。食あたりに、シャンパンの盗難。911エンジンを搭載したジェズ・パーソンのクレイジーなVWデラックスバス。それに、ジェフ・タレルとデルウィン・マレットの漫才コンビ。
 
ロードスターもフランスの長いストレートを大いに気に入ったらしい。ジェフがドライブするGT3に並んだときには125mphにも達していた(ロードスターのタコメーターは完全にレッドゾーンだった!)。
 
その頃は、EMPIのスプリットリム型5本スポークのホイールで、Bのブレーキにフィットするようにクリアランスを広げ、そこに古い(つまり硬い)ミシュランZXタイヤを履いていた。しかし、90mphで走行中にウェット路面でスライドして肝を冷やす経験を2回ほどしたので、そろそろ交換する時期だと判断した。純正のRSKスチール/アロイホイールと、公道走行可能なレース用タイヤのエイボンCRに交換すると、安全性はもちろん、ハンドリングも即座に向上した(ただし当時の希少なホイールは、かなりの数のバランスウェイトを必要とした)。

編集翻訳:伊東和彦(Mobi-curators Labo.) Transcreation:Kazuhiko ITO (Mobi-curators Labo.) 原文翻訳:木下 恵 Translation:Megumi KINOSHITA Words:Richard King/Paul Knight Photography:Paul Knight

RECOMMENDED