ポルシェの祭典!クラポルパ2019 参加車紹介 911続編!

2019年11月10日(日)、富士スピードウェイにてクラシックポルシェパーティ、“クラポルパ”が開催された。空冷水平対向4気筒に、水冷直列6気筒、水冷V型8気筒、そして最も多く見られた空冷水平対向6気筒。ノーマル車はそれらしいピュアなサウンドを発し、チューニングが施されているものは迫力のサウンドを奏でる。どれを好むかは人それぞれ。
 
第二回目の2019年はエントリーしたポルシェ1台ずつに、それぞれのアピールポイントなどを記載したボードを置き、どんな1台であるのか楽しみながら各人気に入った10台に投票する「クラポルコンテスト」を実施した。300台を超えるポルシェをすべて見るとなると体力も必要となるが、クラポルパに訪れたポルシェエンスージアストたちはじっくりと見ながらそれを堪能している様子だった。300台以上のポルシェで富士スピードウェイのイベント広場が埋め尽くされたのだ。

参加車を少しずつご紹介していく企画(300台なのでおよそ30回連載?)の第5弾、ナローからの続きです。


1972年 911S この911とオーナーは20年以上の付き合いだそう。



1973年 911S Type Fで、スポーツシートがついている。元気によく走り、オーナーいわく、964のスピードスターとは大違いだとか。



1973年 911RS このRSに乗れば、スポーツカーは軽量が一番!だと思わせられるという。



1973年 911RS 所有して16年。80年代は3.0Lツインプラグでサーキット仕様になっていたが、現在は機関類ノーマルに。内装は取り払われていたことから、RSRシートやREPA4点式ベルトなど、当時のパーツなど発掘しながら、自分仕様で楽しんでいる。



1973年 911カレラRS 所有して25年。コツコツとオリジナルに戻しながら楽しんでいるそうだ。



1973年 911T クラシックポルシェ07号のコアスピードの項でエレクトリックエアコンの取材受けた一台。購入はウィンズオートで状態は極上で毎日通勤に使っているそう。



1971年 911T Tモデルをベースにし、RS仕様を施したオーナーの個性溢れる一台。



1973年 911T ほとんどの部分が当時のままのオリジナル、もしくは当時物パーツを使って修理やレストアをしている「ほぼオリジナル」。意図的に、ステアリングとスポーツシートを73RS用に交換、普段使いと耐久性向上のため、ガソリンとオイルのゴムホース交換、ヒートエクスチェンジャーをステンレスに変更、チェーンテンショナーアップデートを施してある。


まだまだ続く、1970年代の911編!次回もお楽しみに。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED