クラシックのポルシェ乗りなら見ておきたい!「ORIGINALE」とあるサービス

ポルシェ好き、ポルシェオーナーならば、近年ポルシェがクラシックモデルに力を入れてサポートしていることはご存知だろう。ポルシェでは、全世界のディーラーを対象にブランドが”クラシック”と定義する製造終了から10年以上経過したポルシェモデルのメンテナンスに特化した「クラシックパートナー」と呼ばれる称号を、一定基準をクリアしたディーラーにのみ掲げる権利を与えている。

日本では、ポルシェセンター青山世田谷店、ポルシェセンター横浜青葉店、ポルシェセンター名古屋店、ポルシェセンター堺店が該当する。

この制度が始まって、もうすでに多くのクラシックポルシェオーナーがリフレッシュやメンテナンスでお世話になっている一方、普段ディーラーに足を運ばないオーナーもいるだろう。今回はディーラーに出向かないと出会えない、クラシックに特化した特別なパーツブック「ORIGINALE」をご紹介しよう。

この本はポルシェ本体が実際に製造するポルシェクラシック純正パーツおよびアクセサリ一式のプロダクトハイライトやニュースを掲載したパーツブックだ。しかし単にパーツが値段とともに並んでいるのではなく、 プロダクトの紹介以外にも、テスト走行時や生産時のエピソードやポルシェの豆知識といえる面白い小話も掲載されているという非常にマニアックなパーツブックなのだ。また、面白いことに、各モデルごとにパーツが整理されているので、自分の愛車に対してどのパーツが製造されているのか一目瞭然。実用にも長けている。現在まで既に5冊目が発刊されているこのシリーズ。好評につき続編も期待できそう。



また、現状復刻されていないパーツがあり、困っているオーナーにはこんなサービスもご紹介したい。なんとポルシェジャパンのクラシックに関するページをたどると、このような特設フォームが存在する。こちらを使用することで、開発チームへ直接必要なパーツを要請することができるのだ。
https://www.porsche.com/japan/jp/accessoriesandservice/classic/genuineparts/notesonavailability/



実際の製造までには一定数の声や条件が必要になると見られるものの、このように意見を吸い上げて前向きに捉えてもらえるというのは嬉しいものである。

長く愛車と過ごしていくためにも、これらをぜひ有効的に活用していただきたい。
 

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED