神でもあり「悪魔」でもあったニュルブルクリンク・サーキットとポルシェの歴史①

ニュルブルクリンクの北コース、ノルドシュライフェを抜きにサーキットの歴史を語ることはできない。神のように崇拝されながらも、時に「悪魔」とも呼ばれ、様々な顔で人々を翻弄してきた。1927年6月18日に開設された伝説のコースの歴史を振り返ろう。

フェルディナンド・ポルシェの意志
ニュルブルクリンク・サーキットのオープンから30日後、約8万5000人もの観客が集まる中でドイツ・グランプリが開催された。総走行距離500キロ、約5時間におよぶレースを制したのはメルセデスだった。エスリンゲン出身 38歳のオットー・メルツがトップでゴールしたのだが、その勝利はフェルディナンド・ポルシェにとっても大きな成功だった。彼は、排気量6.8リッター、最高出力180psを誇るメルセデス・ベンツ タイプ"S"エンジンを設計したためだ。フェルディナンド・ポルシェのおかげで、モータースポーツは新たな広がりを見せた。



その高性能エンジンと、ニュルブルクリンクの存在があり、モータースポーツは過酷なものになった。当時、28kmにもおよぶロングストレートに畏敬の念を抱いていたルドルフ・カラツィオラはレース後、こう振り返っている。「こんなことは経験したことがありません。通常なら95km/hで走り抜けるセクションを105km/hでアタックしていて、マシンは終始オーバーステア状態ですよ。いつ救急車で運ばれてもおかしくない状況でした」

日付:1927年7月17日
勝者:オットー・メルツ
車輌:メルセデスベンツ・タイプ S
距離:8周(1周 28.265キロ)(北コース/南コース)
優勝マシーンの平均速度:101.8km/h


次回は1936年をご紹介。

クラシックポルシェ編集部

RECOMMENDED