ポルシェが誇るヒルクライムの歴史を再び│911 S/Tで参加したときのこと

この記事は『ヨーロッパ・ヒルクライム選手権を席巻したポルシェ3台が再び!』の続きです。

1970年代、成功を望むヒルクライムのプライベートドライバーなら、誰もが911を欲しがった。FIAは新たに、GTレースとヒルクライムの両方に適用するグループ4のルールを設定。ポルシェはこれに合わせて、燃料噴射装置と幅広タイヤを備え、出力270bhpを誇る軽量な"S"を21台製造した。ガルフブルーの911はその13台目で、シャシーナンバーは0987。これを購入したドイツ人のウィリー・バーテルズは、前年に2.4 911Sで獲得したGTクラスのタイトル防衛を目指していた。1972年シーズンはこのS/Tで何度も表彰台に上り、終盤には2勝を挙げたものの、同じポルシェを駆るアントン・フィッシュハーバーには届かず、王座を奪われた。

 
翌年、911 S/Tはまずアメリカに運ばれ、ヨースト・レーシングからデイトナ24時間レースに出走。ゼップ・グレガー、クルト・ヒルト、ディーター・シュミットのドライブで総合9位という好成績を収めた(ただし、優勝したブルモスのRSRとは100 周差だった)。再びヨーロッパに戻ると1973年のEHCに参戦し、バーテルズのドライブで開幕3連勝を飾る。しかし、バーテルズが新型のRSに乗り換えたため、このS/Tの競技キャリアはシーズン半ばで幕を閉じた。
 


それから40年間は数人のオーナーが長期間所有。2000年代初頭に、ポルシェのレストア・スペシャリストであるマルコ・リンケの元で、フルリビルドされた。長年、クラシックイベントにもほとんど姿を現さなかったが、2016年にサザビーズのオークションに出品された。マッチングナンバー車であり、優勝歴もあることから、ヒルクライムマシンの代表として、ポルシェクラシックがコレクションに迎え入れたのである。
 
素晴らしいレカロのドライバーズシートに腰を下ろし、4点式ハーネスを締める。助手席に座るのは、故ゲルハルト・ミッターの息子だ。私たちはカフェや噴水を横目に、ザルツブルクの旧市街をゆっくり抜けていった。スタートを告げるオーストリア国旗が振られ、レッドブルのエアアーチをくぐって、観衆が並ぶコースを走り始める。
 
私は大規模なヒストリックレースに出走した経験が何度かある。だから、目の肥えた観衆の前を走る興奮も、友人たちが自分の姿をライブ配信で見ていることも知っている。その上、今回はポルシェ所有のコレクションをドライブしているのだから、ポルシェのドライバーとしてブランドを背負っていることになる。こうした舞台で、これほどのヒストリックカーのステアリングを握る栄誉を噛みしめると同時に、このクルマの最高の姿を見せなければ、という責任も感じた。無論、コースの両側を観衆が固めているから、スピードを誇示するわけにはいかない。だが、エンジンノイズは別だ。 

前方では、元EHCチャンピオンで917のワークスドライバーだったルディ・リンスが、車高の低い909で注目を浴びている。フラット8のサウンドは、さぞ派手に違いない。すぐ前の356カレラ・アバルトは、耳をつんざくセブリング仕様のエグゾーストを装着している。このS/Tも、チューンアップしたフラット6と競技用エグゾーストを備えるから、サウンドは格別だ。それを自分の右足が生み出すのだから、なおさらである。私はハプスブルク時代の建物に反響する音を堪能した。
 
ところが、最初のシケインの手前で3速に入れ損ねた。想像以上にシフトゲートが遠かったのだ(これほど古い左ハンドルの911をドライブするのは初めてなのだから仕方がない)。目の前にいた隊列は曲がり角の向こうに消えている。私は2速に戻すと、このときとばかりに思い切り踏み込んだ。濡れた冷たいアスファルトで、セミスリックタイヤがグリップの限界に近づき、バンプを乗り越える際に回転がピークに達した。私はステアリングを握ってこれほどの快感を味わったことがない。2.5kmのコースを3周する間に、忘れ難い思い出ができた。

RECOMMENDED