日本に一台だけ存在するポルシェ│1976年 935モビー・ディックの オマージュがここに

ポルシェは2018年9月27日、米国ラグナセカサーキットで開催されたレンシュポルト・リユニオンにおいて、ニューモデル『Porsche 935 /78』を発表した。これはポルシェ70周年を記念したクラブスポーツ・レーシングカーであり、全世界77台の限定生産モデルである。その1台が、いま日本の岐阜に存在する。このモデルはポルシェ・モータースポーツ管轄で製造されたレーシングカーであり、ポルシェによるモータースポーツ活動において特別な貢献が認められた人のみが購入することができるのだ。

2018年12月、このクルマのオーナーであるK氏の元に、ずっしりとしたクリスマスカードが届いた。送り主はドイツのポルシェ。内容は「あなたは長年ポルシェのモータースポーツ活動に貢献してくれたポルシェ・ファミリーの大切な一員である。したがって特別にPorsche 935/78を手に入れる権利を贈ろう」というもの。この魅力的な誘いが響かないわけがない。
 
新型ポルシェ935/78は、1970年代のモータースポーツシーンで活躍したポルシェ935のオマージュといえる。当時の935は911をベースにしながら、最大出力600psを発揮するレーシングカーを開発。1976 年の世界メーカー選手権(現在のWEC世界耐久選手権にあたる)でポルシェはタイトルを獲得した。その後1981年までの長きにわたり、ポルシェ935はグループ5のカテゴリーにおいて圧倒的な存在感を見せつけることになるが、この間の進化については別の記事に譲る。


 
さて、ポルシェの70周年を記念して生産される77台の限定車は、この1978年のポルシェ935/78がモチーフとなっている。現行911シリーズの911 GT2 RSをベースにしながら、ロングテールなど往年のモデルを連想させるボディデザインを新たに開発。具体的なレース参戦を前提としていないので、自由に創り込みが進められたという。とはいえ、もちろん開発に手抜きはない。ボディはCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製を大胆に使用。



ボディサイズは全長4865mm、全幅2034mm(ドアミラー含む)、全高1359mm、ホイールベース2457mmと大柄ながら、ベースより90㎏軽い車両重量1380kgを実現している。フロントホイールアーチの通気孔は911 GT3 Rの技術を踏襲したもので、フロントのダウンフォースを増加させる。幅1909mmもの巨大リアウイングとディフューザーによるエアロダイナミクス効果は相当なものであろう。ベースはシングルシーターだが、このモデルにはオプションの助手席も装着されていた。カーボンファイバー製ステアリングホイールとカラーディスプレイも本格的。


 
この新型935/78の日本での初披露は、2019年11月中旬に鈴鹿サーキットで行われたSUZUKASound of ENGINEだった。

文:堀江史朗(本誌) 写真:芳賀元昌、モビリティランド  Words:Shiro HORIE(ClassicPORSCHE) Photo:Gensho HAGA, Mobilityland Corporation

RECOMMENDED