ポルシェ 935から生まれた2台の「異端児」モビーディックとベイビーの開発まで

ポルシェが生み出したなかでも、飛び抜けて特異な2台のスポーツカーレーシングカーを紹介しよう。1台は超軽量な"ベイビー" 935/77、そしてもう1台は特徴的なエアロダイナミクスから"モビーディック"の名で親しまれた935/78である。

この一連の作品を、われわれはいかに表現すればいいのだろうか。ポルシェが生み出した"天才児"の935は、デビュー戦となった1976年のムジェロとヴァレルンガで2 連勝を挙げて以来、世界中のあらゆるスポーツカーレース・シーンで栄冠を勝ち取ってきた。
 
しかし、ポルシェが立て続けに優勝したことから、FIAは935に搭載された巨大な空冷式インタークーラーを禁止。ポルシェはやむなくこれをコンパクトな水冷式インタークーラーに置き換えてFIAの技術委員会を納得させたが、若干の性能低下は免れなかった。
 
その後、ポルシェは数戦を費やして935の新しいセットアップを仕上げると、この年のル・マン24時間に挑んだ。モディファイを受けた935は、リアエンドのトラブルや燃料タンクの容量不足といった苦難を持ち前の闘争心で乗り越え、総合4位という目覚ましい戦績を残した。
 
これ以降、935はスポーツカー選手権において類い希なる大成功を収めることになる。グループ5ではBMWが唯一のライバルだったが、彼らの存在が後に思わぬ事態を招くとは、このとき誰にも予想できなかったことだろう。1976年シーズンが終わると、BMWはグループ5からの撤退を発表する。これで同カテゴリーはポルシェのひとり相撲となった。ポルシェにとってもファンにとっても、"バイエルンの狼"との直接対決に優るものはないので、彼らの決定はいかにも残念だった。翌1977年、ポルシェはメイクス選手権で全勝を達成し、首尾よくタイトルを勝ち取る。実は、935/77はヘッドガスケットを拭き抜くトラブルにたびたび見舞われていた。



しかし、ポルシェはシーズン開幕までにカスタマー・チーム向けのマシンを数多く製作していた。たとえファクトリー・チームがリタイアしても、彼らが優勝することで白星を積み重ねていったのだ。935を走らせたプライベートチームとしては、ドイツ・ケルンが本拠地で空力開発を熱心に行ったクレーマー、そしてゲオルグ・ルースが主宰するジェロ・チームが特に有名で、彼らは9戦中4戦で優勝。いっぽう、ワークスチームによる栄冠は5勝に過ぎなかった。しかし、ヴァイザッハは一向に気にしなかった。結果的に誰が勝とうと、優勝トロフィーに" Porsche"の文字さえ刻まれていれば、それでよかったのである。
 
とはいえ、ポルシェがまっとうなライバルと戦うことなく栄冠を勝ち取ったことに疑問を投げかける専門家の数は少なくなかった。なぜなら、ポルシェが戦っていたのは2.0リッター以上のクラスだが、かつてのライバルであるBMWは2.0リッター未満のクラスに戦いの場を移し、フォードと覇を競っていたからだ。
 
これはヴァイザッハにとって歓迎しかねる状況だった。さらに彼らの神経を逆なでしたのが、ノリスリングで開催されるドイツ大会がテレビ放映されるにもかかわらず、中継で写るのは2.0リッター未満の車両のみとされたこと。この決定にBMWとフォードは狂喜乱舞したが、ポルシェが歯がみして悔しがったことはいうまでもない。

編集翻訳:大谷達也 Transcreation:Tatsuya OTANI Words:Keith Seume Images:Porsche Archive

RECOMMENDED