最強の911として君臨するモビー・ディック│有終の美を飾ったル・マン

Porsche AG

935シリーズのハイライトともいうべきマシンが、1978年 ポルシェ 935/78である。いまでもなお、最強の911としてポルシェの歴史において大きな存在感を見せている。

ロング&ワイドのテールが特徴的な935/78は、 “ モビー・ディック ” と呼ばれ、シャシー性能とエアロダイナミクスがさらなる進化を遂げる一方で右ハンドル化も敢行された。ライバルを寄せ付けない圧倒的なパワーを誇るエンジンを搭載し、走行安定性の向上が図られたモビー・ディックであったが、問題点もいくつかあった。そのひとつがシリンダーヘッドの固定方法で、これは最終的に溶接することで解決された。 また当初はエンジンの冷却性能にも難があり、最終的にはシリンダーヘッドを水冷式、シリンダーを空冷式とする妥協案で落ち着き、新たに4本のバルブを用いたインタークーラーを導入し、2基のターボチャージャーの冷却に充てた。

この年、排気量が3211ccに拡大された935/78ユニットの最高出力は実に845psに達していたのである。1978年のシーズン中にポルシェが長年独占してきたロングディスタンス選手権からの撤退を表明するのと同時に、モビー・ディックの出場機会は僅かとなる。残された命を燃やし尽くすかのように、935はその年のル・マン 24時間で366km/hという最高速度を記録している。マンフレッド・シュルティとロルフ・シュトメレンのドライビングで総合8位に入賞し、有終の美を飾った。


製造年:1978年
クラス:グループ5
エンジン:6 気筒水平対向ツインターボエンジン
排気量:3211cc
最高出力:845ps( 621kW )
車両重量:1025kg
最高速度:366km/h
主な功績:シルバーストーン 6 時間レース優勝、ル・マン総合 8 位
ドライバー:ロルフ・シュトメレン、マンフレッド・シュルティ

RECOMMENDED