由緒あるポルシェ356スピードスターをドライブへ連れ出してみる

1955年、ロンドンで開催されたアールズ・コート・モーターショーでこの356スピードスターは名声を博した。そして時を経て、その一台はジャージー島のとある家族が20年来所有している。ほぼ毎日、島を走り回っているからか、この356には生命力がみなぎっている。ドライブに連れ出してみた。

宝級のポルシェをロング・ドライブに連れ出すためには、それなりの段取りが必要だった。現オーナーが愛車をイギリス流に “she” と呼んでいるところからも親密な関係が窺える。そんな “彼女” と共にスコットランドへドライブツアーに出かけて黄金の1950年代を蘇らせてみたいという熱意を伝え、許しを得たのである。オーナーから示された条件はひとつ、「ツアーから戻ってきたら、彼女に名前を付けてやってほしい」というものだった。実はオーナーと貸し出しに関する交渉をしている際、私は “クルマに名前をつける” エピソードを披露したのだが、それが気になっていたようだ。“彼女” が戻ってくる時には名前がついているだろうと胸を張ると「よし、ディール完了」と快諾を得た。



356を受け取り、手始めにローモンド湖からトロサック国立公園を抜けて北上するハイランド地方へ向かうルートを選んだ。一帯には不毛の大地が続いているが、そこにはある種のエレガンスが感じられる。高原湿地帯にはヘザーが咲き誇り、その茶色と紫の豊かな色彩が灰色と緑の大地と美しいコントラストを織りなす。暗い雲の隙間から時折太陽の日が差し込み高原へと連なる大地の表面を照らし出すと、緑のハイライトが広がり、威厳ある風景となる。

私の旧友は、「スコットランドでは一日で四季を味わえる。まあそののくらい天候を予測するのが困難だというオチなのだけど」とよく話していた。まさに、スピードスターに最適な天候ではないかという皮肉を思いついた時、突如、頭の中に “レディ・ミスティ” という案がひらめいた。これにて一件落着。おそらくこれ以上相応しい名前は思いつかないだろうから、後は心置きなくドライブツアーに没頭するとしよう。

“レディ・ミスティ” はハイランド地方のワインディングロードで色褪せないパフォーマンスを披露してくれた。木製の大きなステアリングホイールの操舵感を味わいながら、荘厳な景色を背景に、オープントップの開放感を満喫する。その快感は筆舌に尽くすには難しいのだが、英語で表現するなら “壮大な” という形容詞= “grand” が近いかもしれない。まさに、長年夢見たシチュエーションだった。


文:Lena Siep

RECOMMENDED