ロンドンからシドニーまでの大陸横断ラリー│ポルシェ 911での挑戦 スタート編

1968年、大陸をまたいで開催されたイギリス・ロンドンからオーストラリア・シドニーまでのラリー。

ポルシェファクトリーで組み立てられたプロダクトで、これほど変わったモデルが他にあるだろうか。初期の911特有の美しい流線ボディには、パイプやプロテクトケージが組み込まれ、エレガントなルーフの上にはスペアタイヤと燃料タンクが備わる。リアセクションに張り巡らされたエキゾースト・システムもかなり突飛なデザインだ。

そんな特異なエクステリアに込められた意図は、自らステアリングホイールを握り、未開の地を目指して走り続けるシチュエーションに身を置いてから初めて理解できるのかもしれない。中東が現在よりもさらにデリケートな政治情勢を抱えていた当時、ペルシア(現在のイラン)やアフガニスタン、パキスタン、インドといった未開の国を駆け抜けるモータースポーツは、ある種、勇気比べとも言うべき冒険だったのだ。



60年代に花開いた “自動車による冒険” という文化は、どこで何を目的に発祥したのかというと、イングランドだといわれている。ロンドン~シドニー・ラリーという壮大な構想を実現したのも、冒険を愛し、誇り高きスポーツマンシップを持つイングランド人たちで、当初から観光ツアー的なものではなく、前例のない長距離アドベンチャーラリーを標榜したのであった。全長 1万1200km にわたって繰り広げられるロンドン~シドニー・ラリーのスターターフィールドには、計7ヶ国から全 98チームが集結した。自動車メーカー直系のワークスマシンの大半は見るからに準備万端で、今となっては懐かしいBMC やシムカ、ヒルマン、そしてモスクヴィッチ、DAF といったマシンも顔をそろえていた。

ロンドンからシドニーまでの走行ルートの途中には内戦地帯も含まれていたため、英『デイリー・エクスプレス』紙と豪『シドニー・テレグラフ』紙がイベントをフォローしつつ安全対策として外交的な役割を果たすことになっていた。ルートブックの作成は、当時プロのコ・ドライバーとして活躍していたジョン・ダベンポートとグンナル・パルムが行ったが、危険地帯では任意でルートの変更を認めるルールが盛り込まれた。テヘランからアルボルズ山脈を越えてカブール北部へ向かうか、それとも砂漠を経由してカブール南部へ向かうかは、チームそれぞれの判断に任されていた。

もうひとつ、決まりごとはいかなるルートを通るにせよ、途中でボンベイ港(現在のムンバイ港)を経由することだった。そこでクルーズ船 “S.S. Chusan” 号が残った参加チームをピックアップし、オーストラリアの西海岸まで集団輸送する手はずになっていたのである。オーストラリア上陸後は、それまでの辺境悪路ステージとは対照的に、大陸を横断するスプリント・ステージが用意された。



1968 年、ポルシェはスポーツプロトタイプ・モデルの 917 でサーキット・レースの頂点を目指す傍ら、市販モデルの開発と販促に直結するラリーにも将来性を見出していた。しかし当時の社長は慎重で、911 成功の可能性を前にしても、他の大手自動車メーカーとは異なり、闇雲に拡大路線に走ることはなかった。そのような状況下で、ロンドン~シドニー・ラリー専用に 3台の911S が製造された。そのうちの1台はポルシェのワークスマシンとして送り込まれ、1967年のヨーロッパ・ラリー選手権でポルシェを操りチャンピオンに輝いたソビエスラブ・ザサダ/マレック・ヴァショフスキー(ともにポーランド)組に託された。残る2台は、プライベートでスポンサー参戦するテリー・ハンター/ジョン・ダベンポート組とエドガー・ヘルマン/ハンス・シュラー組のもとへデリバリーされた。

この特別な 911Sに与えられた重装備は、飛び石やカンガルー(フロントの頑丈なプロテクトケージはそのため)といった危険な環境から車輌を保護するものであることは、一目瞭然だろう。911はこのロンドン~シドニー・ラリーに参戦する車輛の中で数少ないクーペであり、必然的にペアによるチーム編成となったが、その他の多くの参戦チームはメンバー構成に悩んでいた。2人か、3人か。ドライバーの睡眠時間や、砂を掘ったりクルマを押したりするケースを想定すると3人の方がベターではあるものの、3人編成にすると車輛は重量増となり、人間関係も複雑化する。結局、2人組と3人組のティームはほぼ同数となり、イギリスからは4人編成の女性ティームも参戦することになった。


実際にラリーがはじまると・・・次回へ続く

RECOMMENDED