雪の多かったあの1978年 モンテ・カルロ 唯一勝つことができたタイヤは・・・

この記事は『ポルシェに初のモンテカルロ総合優勝をもたらした│1968年に投入された911 T』の続きです。

助手席から眺めるそのドライビング動作には、無駄がなくむしろスローに見えた。だが、最新の911は途方もないペースで峠を駆け抜ける。コーナーの進入からターンイン、フル加速体勢に至るまで、いつも前もって操作が準備されており、ステアリングを握る手はつねに10時10分にある印象だ。南仏の狭いワインディングで7段MTを、それこそ謳わせるように扱う腕前に、惚れ惚れさせられた。

「1969年の911のロングホイールベース化は、私からのフィードバックかって?確かにその直前には、ラリーを通じて911の改良には関わっていたけれど、個人的に911のロングホイールベース化を提案したことは一度もなかったよ。911は、50年も前の話だけど、元々アンダーステアなクルマだからね。前荷重でステアリングを切れば、そりゃコーナー手前でスピンするに決まってるさ。丁寧に曲げる一方で、速度をキープして進入する必要があるんだ」


 
エルフォードはモンテカルロで勝利する以前の1967年シーズンには、ボルトオンのボディパネル類をFRP製に代え、エンジンブロックやヘッド、ドアヒンジに至るまでアルミを用い、カレラRS 以前に究極のライトウエイト&ハイパワーの911として君臨した911Rを駆っていた。飛びぬけた腕前の911乗りには、万人向けではない、より鋭い操縦性を備えた911がウェポンとして供給されていたのだ。ちなみに1968年の911Tに続いて、1969年と1970年にモンテカルロ・ラリーで1-2フィニッシュを飾ったワークス911は、180ps仕様の911Sだった。


 
3年連続1-2フィニッシュを達成した後、ル・マン24時間の総合優勝を目標としたポルシェ・ワークスはモンテカルロから撤退した。だがライトウエイト&ハイパワーな911の伝統はプライベート・チームが受け継いだ。今回のランに登場した1972年式911カレラ2.7RSは、シャシーナンバーの下2桁が37番というごく初期の生産車で、1978年モンテカルロに出走する以前はツール・ド・フランスなどを闘っていた。またフランス国内のヒルクライム選手権で無数の実績を挙げたポルシェ・チューナー、ジャック・アルメラスは自ら仕上げた1974年式911 3リッターグループ4仕様で、WRCのツール・ド・コルスやモンテカルロで入賞を果たした。それでも、プライベート911によるパフォーマンスの白眉は1978年、ワークス経験豊富なドライバー、1978年のジャン・ピエール・ニコラまで待たねばならなかった。
 
ワークスが撤退した後も、ジェラール・ラルースやギ・フレクランといった一流ドライバーたちが、911Sやカレラ3.0を駆って総合2位やクラス優勝をもぎ取り、他のプライベート・ドライバーによる911参戦熱は増すばかりだった。1978年のエントリー216台中、911は実に28台にも達した。だがこの年に総合優勝を果たしたジャン・ピエール・ニコラと彼の911カレラRS3.0グループ4は何が違っていたのか。

RECOMMENDED