ヴォルフガング・ポルシェとル・マンの辿り│1970年の驚異的なマイルストーン

ポルシェとル・マンは常に家族のような関係であった。50年前の歴史的勝利を、ヴォルフガング・ポルシェ博士が振り返る。

ダークグリーンのレザーが並ぶエグゼクティブデスクは、70年間にも及ぶル・マンでの写真があちこちに飾られている。ウォルフガング・ポルシェ博士は、13歳だった1956年に父親と一緒にピットウォールへ行ったことを思い出し目が輝かせていた。「もちろん、私は彼についていくのが大好きでした」と彼は話す。「しかし、レースはいつも学校がある時期に行われたので、毎回は行くことができませんでした」。ポルシェ一族であっても、学校をスキップすることは決して許されなかったことを意味する。しかし、夏休みには家族全員でよくニュルブルクリンクへ訪れたそうだ。

ル・マンの写真は、現在77歳のヴォルフガングポルシェにとって過去への旅でもある。たとえば、2017年に撮影された写真は、1950年代以降の10代の若者の変化だけでなく、世界におけるモータースポーツの変化も明らかにしている。21世紀には、ストップウォッチや手書きのチャートを持ってピットウォールに座っている人はいない。代わりに、エンジニアはモニターにある大量のデータをふるいにかけて、24時間レースに最適な戦略を開発していくのだ。

しかし、耐久レースが持つ比類ないマジックは変わらない。「私は、ただその場にいるだけでなく、ポルシェチーム全体をサポートしているのです」と彼は話す。

1951年、2台のポルシェ356が最初に登場して以来、ポルシェのマシンは圧倒的な損じであり、ル・マンは「ポルシェのリビングルーム」としても知られている。



1970年の写真では、ヴォルフガング・ポルシェと母親のドロテア、そして父親のフェリーと並んで写っている。その年はまさしく、917ショートテールでハンス・ヘルマンとリチャード・アットウッドがポルシェに最初の総合優勝をもたらした年だった。ヴォルフガング・ポルシェが決して忘れることのないイベントである。その勝利は「驚異的なマイルストーン」だったと彼はいう。「私たちが本当にビッグネームを倒すことができたのはこれが初めてでした。国際舞台でのブレイクスルーでした」

RECOMMENDED