ポルシェがLGBT +コミュニティを受け入れる象徴に6色のポルシェを展示

ポルシェは週末に、クリストファー・ストリート・デイ(ゲイプライド・フェスティバル)をサポートする姿勢を発表した。

「多様性を高めるために」–これは、ドイツではクリストファー・ストリート・デイとして知られるゲイプライド・カルチャー・フェスティバルを取り囲む、数え切れないほどのキャンペーンのモットーである。毎年7月末に、世界中の何百万もの人々が、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々の権利を擁護するために差別に反対する立場をとる。ポルシェはそれに対し、オープンマインドな共存と多様性を実現することを支持している。

「私たちは平等な機会を求め、育成しており、性別、民族的背景、宗教、障害、年齢、性的指向などの要素に関係なく、すべてのポルシェスタッフが同じように貢献できるようにしたいと考えています」と、ポルシェ人事エグゼクティブのAndreas Haffnerはコメントした。そして、先週末ポルシェは、LGBT +コミュニティを受け入れていることを象徴するため、目に見える行動をとった。

多様性と寛容の象徴として、ファクトリーにはレインボーの旗が飾られた。さらに、ポルシェミュージアムの外の広場には6台のカラフルな911が並べられ、視覚的に人々を楽しませた。ポルシェのスタッフは、プライドランでカラフルなシャツを着ながらレインボーコミュニティとの連帯を示したそうだ。

RECOMMENDED