フォーミュラEのCEOに聞くモータースポーツの魅力と未来

2014年にABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップが導入されて以来、最初のエレクトリック・ストリート・レースシリーズは、スポーツと技術の観点から最も競争の激しい環境の1つになった。

フォーミュラEのCEOであるジェイミー・ライグルは、シリーズの発展、チャンピオンシップにおけるポルシェの重要性について語り、コロナウイルスのパンデミックとその影響における困難な時期について詳しく説明する。ライグルはまた、ベルリンでのシーズンのフィナーレについての彼の考えも主張している。

「私はスキーレーサーとして育ちました。スポーツは常に私の人生において大部分を占めています」とカナダのモントリオールで育った彼は話す。スポーツ業界で働く前、彼は別の専門的な方向に向かっていた。「私は投資家でもあったので、多くの金融経験を持っていました、そして、私はマンチェスター・ユナイテッドに行きました。過去15年間、スポーツとビジネスという2つの情熱における地点でキャリアを過ごすことができて非常に幸運でした」と話す。

2019年9月、彼はフォーミュラEのCEOに任命された。「モータースポーツは、基本的な点で他のスポーツと大きく異なります。そして、フォーミュラEの主な目的は、電気自動車を通じて消費者に行動を起こさせることです」

彼によると、TAG HeuerポルシェフォーミュラEチームが参加していることは、フォーミュラEのプロファイリングに大きく役立つという。「ポルシェはモータースポーツでの実績を持つ非常にプレミアムなブランドです。ポルシェのDNAはレースと成功のすべてであり、非常に高い基準を持っています」



コロナウイルスのパンデミックと、その結果としてのシーズンの中止は、間違いなく彼らの事業計画になかったシナリオであった。「フォーミュラEのいいところは、チーム、パートナー、FIAと私たちフォーミュラEの連携と協力のレベルが非常に高いことです」。パンデミックの最中にABBフォーミュラE「レースアットホームチャレンジ」が実現し、従来のレースからバーチャルレースに移行するまでにそれほど時間はかからなかった。 フォーミュラEは常に革新的であり、たとえばFanboostやAttack Modeを使用しながら常に変化を得ている。

変化するモータースポーツの世界に関して、ライグルは従来のモータースポーツとエレクトリックのモータースポーツ、両方の形態が存在できると信じている。「私たちは、革新と進歩のモータースポーツにおける非常に長い歴史の継続を信じています。モータースポーツの美しさは、素晴らしいドライバーたちの努力の頂点であり、自動車の開発に携わるエンジニアリングと科学です」

「世界は現在とても困難な状況であり、それらをすべて解決方法はありませんが、長期的には人間の創意工夫と前向きなエネルギーが大事になるでしょう。レースに戻り、次のシーズンに向けて構築できることを嬉しく思います」

RECOMMENDED