「ポップアートのキング」が解説する上手なクルマの描き方

ポルシェが"ポップアートのキング"と呼ばれるTim Layzellによる、絵の描き方を紹介。下記は彼自身によるコツの説明である。

はじめに
ずっと質の良い鉛筆にお金をかけていましたが、実際は普通のHBの鉛筆で十分でした。ただし、普通のHB鉛筆を使うときにも、良い消しゴムと鉛筆削りが必要です。鉛筆は常にとがらせていてください。アクリル絵の具を用いてキャンバスにペイントしています。私は時間をかけたくないタイプなので、乾かすのに時間がかかる油絵には向いていませんでした。写真を見て絵を描く時には、とにかく写真を見続けること。いくら見ても、見たりないはず。だいたいの絵の全体像を軽く描いて、あとはそれを描いたのと同じくらいの時間をかけて、描いている車の写真を見ること。ここでアドバイスできることは、全体を本当に軽く描いて、なんとなくそれがあっているかを確認していく、ということ。この段階で何かおかしい、となれば修正は簡単なので。



インスピレーション
ポルシェのクリストフォーラス誌に掲載されてから、多くの人が彼らのポルシェを描いてほしいと依頼があります。クラシックのレーシングカーである場合は、私はひたすらその歴史を調べ、クライアントと共に、どの場面を描くのが理想的かを話し合います。そして、様々な角度からのスケッチをして、その状況と車にとってベストなものを探します。予選の時と、翌日のレースの時では全然違ってみえることもあります。ルーバーが追加されていたり、ホイールが変えられていたりしますから。もちろん、傷や凹みなどもよく観察してください。

自分のスタイルを見つける
自分のスタイルを見つけるのはとても重要です。自分のスタイルは時間と、練習することによりわかってくるでしょう。描いていること(対象物)に情熱を持っていれば、それは必ず作品にあらわれます。何をするにしても、絵は明るく、そして大胆に。車をただ道に置くだけではなく、何か面白いことをしているように。車が素早く動いているように見せるテクニックは、少し角度をつけること。



一般的なアドバイス
人や動物と同じく、車も描くのが難しいものです。うまく出来ない日は、他の部分を描いたり、他の絵を描いたりして、またやろうと思った時に、うまく描けなかったところに戻ってくればいい。私も自分の絵を見返して、嫌いだと思う作品があります。でも、それらから学ぶこともあります。

私のポップアートの絵は非常にシンプルに見えますが違います。私の絵のスタイルは遠近法と流動をよく使い、ブロックカラーたちはきちんと整えられている。よって、描くのに非常に時間がかかるのです。絵を描くには忍耐力が必要ですから。

アーティストとして、ずっと自分の作品を見ているだけで、時間を無駄にしたと思うこともあるかもしれませんが、そんなことはありません。絵を描くことに必要な時間であり、「作品を見ていること」も、その作品を描いていることと同じなのです

RECOMMENDED