ポルシェファナティック垂涎のラインナップ!ポルシェ専門のレンタカー「ポルシェゲート」  

大阪・箕面市にポルシェだけを専門に扱うレンタカーショップ「ポルシェゲート」がオープンし、体験試乗会が2020年8月30日に開催された。巨大なヤードには30台以上のポルシェが格納されており、空冷モデルを中心に水冷の最新モデルも含めポルシェファナティック垂涎のラインナップを揃える。

ポルシェゲート代表の高橋広規氏は、西日本随一の老舗ファクトリー・日之出モータースで販売されていた930ターボに乗り、その唯一無二な走りとスタイルに魅せられ、一人でも多くの人にこの素晴らしさを知って欲しいと思い立ったという。「珍しいdpモータースポーツの935ボディや、デフォルトの930ターボ、356にナローSなど、レストアしながらコレクションしてきた個体がバリエーションも揃っているので、せっかくだからレンタカー事業としてスタートすることにしました」。 

ずらりと揃うレンタカーポルシェ。奥で談笑するのは、高橋広規代表と日之出モータースの名物親父・鮎川日出夫氏。


レンタル車両のほとんどが、日之出モータースで販売されてきた優秀な個体ばかり。熟練の技と経験で調律されたメカニカルは、いつでも調子よく乗り出せるように仕上げられているという。そのために、日之出モータースの鮎川日出夫氏を中心とした整備士が頻繁にメンテナンスをおこなっている。

ヤードの奥にはメンテナンスを待つ個体やレストア前の車両も。


体験試乗では964tipカブリオレやナロー911Sに数分だけ乗せていただいたが、モデルごとのエンジン音の違いが満喫できたり、現代の交通事情でも十分に楽しめるクラシックポルシェの魅力を堪能することができた。

本物の935ユニットを搭載した希少なレンタカーも用意

「憧れのポルシェをビギナーの方が気軽に体験できたり、本気で購入を考えている方が気兼ねなく様々なシーンを走れるように、ワインディングへ、渋滞路へ、高速道路へと、スムーズにアプローチできる場所に立地しています。またレンタカーは現行モデルを含め、常にアップデートしていますので、旧いモデルだけでなく最新モデルも用意しています。ディーラーでの試乗に気を遣うという方も、存分に乗っていただけますので、是非ご活用いただきたいですね」

ちょっとハードなRSRなども用意している。


気になるレンタル費用は、例えば930ターボの場合で3時間3万円・1営業日5万円、930SCや964カブリオレなら3時間1万8000円・1営業日3万円、FRトランスアクスルの944ターボなら3時間1万2000円・1営業日2万円というリーズナブルさで楽しめる(いずれも税別)。


詳しくはホームページhttp://www.porschegate.com/でチェックを。

 

ポルシェゲート
住所:大阪府箕面市粟生新家2-5-9
電話:072-200-5060
OPEN:10:00~18:00

RECOMMENDED