2021年モデル ポルシェ718でPDKトランスミッションが選択可能に

ポルシェ718でも、マニュアルトランスミッションに加えて、7速PDKも選べるようになった。これにより、加速時でも、よりスムーズに走行することができ、加速値も向上するとのこと。

PDKが選択できるモデルは、718ボクスター GTS 4.0、718ケイマン GTS 4.0、718スパイダー、718ケイマン GT4となっている。718 GTS 4.0においては、標準装備のスポーツクロノパッケージで4つのドライブモードが用意されている。ノーマル、スポーツモード、スポーツプラスモード、インディビジュアルモードとなっており、スポーツモードでは速いギアチェンジ、オートブリッピングで最適な加速をサポートする。スポーツプラスモードは最大のパフォーマンスに合わせて調整されており、自然吸気の6気筒ボクサーエンジンのrpmリザーブを最大限に活用。ローンチコントロールはスポーツプラスに統合されている。



モードスイッチの中央にあるスポーツレスポンスボタンを使用すると、ドライブモードに関係なく、最大20秒間の最大加速を味わうことができる。モータースポーツにインスパイアされた機能であり、追い越すときなどに役立つという。

PDKの718スパイダーと718ケイマンGT4は、MTに比べて0-100km加速が0.5秒速い「3.9秒」に。また、200kmまでは0.4秒速い「13.4秒」を達成。PDKの718ボクスターGTS4.0と、718ケイマンGTS4.0においては、MTに比べて0-100kmが0.5秒速い「4.0秒」、そして0-200kmが0.4秒速い「13.7秒」となっている。



2021年モデルの718は、インテリアにアルカンターラを採用しておらず、代わりにリサイクル素材であるRace-Tex素材を使用している。ボディカラーにパイソングリーンが追加され、718スパイダーではゴールドの20インチホイールも選択可能となっている。

RECOMMENDED