ポルシェのエンジンサウンドで音楽を作り出す!他にはないミュージックトラックを

ポルシェを愛している人であれば、911のスタートサウンドや運転中のサウンドを知っているだろう。エンジンのサウンドを聞いただけで、笑顔になる人も多いはずだ。ポルシェのサウンドにインスピレーションを得て、プロデューサーでもあるDJ Gene Shillがそのエンジン音を収録し、それらでひとつの音楽を完成させた。

2010年のシンガポール・グランプリでカレラカップ・アジアレースを観戦していると、911 GT3カップカーのサウンドが本当に耳に心地よい音楽であると、DJ Gene Shillは感じたという。

「クルマのサウンドが壁や水に反響していました。そのとき、電話でサウンドをキャプチャし、デジタルオーディオワークステーションに入れてサンプルにカットし始めました」

Shillはすぐに、エンジンサウンドを別の周波数に変換すると、音楽的な質を帯びることに気づいた。オーディオの魔術師のように、Shillはサンプルサウンドと周囲のテクスチャー(ピットレーンや群集からの録音など)を融合させ始めた。



「曲を作曲する前に最も重要なことは、それぞれのテクスチャを構築することです。トラックの作成を始める前に、認識したノイズを複製するサウンドを合成することが非常に重要です。その後、調和と音の意味についても考えなければなりません。サンプルとコンテキストを用意し、次に2つを組み合わせてテクスチャを構築します。最初は1つのように聞こえないかもしれませんが、実際はポルシェのサウンドです」

「トラックを作成することは、とてもユニークな体験です。すべての歌手と同様に、すべてのレーストラックまたはドライバーは、トラックレイアウトまたはドライバーの行動の結果としてサウンドを形成するのです」

「シンガポール・グランプリの後、混乱していることを数人の友人にいったとき、彼らは私がクレイジーだと思ったそうです。しかし、クルマは様々な音を生み出します。アクセルは、音量を上げたり下げたり、クレッシェンドまたはディミヌエンドとして使用できますし、ピッチも変化します。この相乗効果は、将来的に私が考えるところまでは非常に明白に見えます」

「私にとって、ポルシェのような音を生み出すクルマやメーカーは他にないと思います」

DJ Gene Shillがつくり出したミュージックはこちらのページより視聴可能 

RECOMMENDED