ポルシェ設計事務所の設立から4年│着々と進んだ「フォルクスワーゲンプロジェクト」

ポルシェ設計事務所の設立から4年後、1月1日時点で従業員数は35人にまで増えていた。既存モデルとの競合を恐れたドイツの自動車産業界からの抵抗もあったが、フォルクスワーゲンプロジェクトは着々と進行していた。2台のフォルクスワーゲン タイプ60プロトタイプはシュトゥットガルトのフォイヤーバッハ通りのポルシェ邸のガレージで製造された。当時V1と呼ばれた走行可能な最初の車は、1935年7月3日にドイツ帝国自動車産業連盟(RDA)の委員会に披露され、2つ目の試験車両であるV2は12月22日に初走行を行い、12月29日にはV1プロトタイプとともにミュンヘンでアドルフ・ヒットラーにデモンストレーションされている。

自動車の開発作業と平行して、ポルシェGmbHは前年12月から他の分野でも作業を進めていた。ミュンヘンを拠点とするズュート ブレムゼAG用に1000 PSの航空機エンジン(タイプ55)が設計されたほか、ドイツ航空宇宙試験所(DVL)からは32気筒および16気筒航空機エンジン(社内での呼称はタイプ70およびタイプ72)を受注している。

1936年2月、“V3”と呼ばれたフォルクスワーゲンのさらに3台のプロトタイプを製造するための作業がスタートしたが、ドイツ帝国自動車産業連盟(RDA)からの抵抗が激しさを増し、RDAの議長ロベルト・アルマースは試作車に関する遅延と技術的な問題について激しい非難を浴びせた。しかし、フォルクスワーゲンをドイツの自動車メーカー数社で合同で製造するという当初の考えとは逆に、アドルフ・ヒットラーは7月4日、独立したフォルクスワーゲン工場を建設し、その計画をフェルディナンド・ポルシェ博士に委託する決定を下したのである。

アメリカの生産方式について詳しい情報を得るため、10月1日、ポルシェ博士と博士の甥で個人秘書だったギスレーヌ・カエスは6週間の視察旅行のためアメリカ合衆国に出発した。デトロイトではフォードとゼネラルモーターズの現代的な生産施設を視察、ドイツに戻るとポルシェ博士は12月18日、“自動車製造に対する傑出した貢献”のためにオーストリア貿易連合からヴィルヘルム・エクスナー勲章を贈られている。

RECOMMENDED