ポルシェの受け継がれるフィロソフィー│妥協なき開発とチームワーク

ポルシェのレーシングカーは、1981年から1987年までの間でル・マン24時間において7回の優勝を獲得しているという大きな栄光を持っている。

モータースポーツでの成功を求めることをDNAとして受け継いでいるポルシェは、優勝を求めるための開発・訓練を日々行っている。エンジニア、ドライバー、デザイナー、などチームとしてすべての人が同じひとつの目標に向かっていくのだ。オンラインでも配信される2020年ル・マン24時間においても、ポルシェは1970年に初優勝をもたらした917KHにオマージュを込めたカラーリングを施すなど、築いてきた歴史を現代においてもしっかりと伝えているのである。



1980年代に大成功を収めたポルシェ956および962グループCプロトタイプによって、ポルシェのモータースポーツにおける歴史はさらに強烈なものになったであろう。1982年のル・マンでは、ポルシェが1位から5位に加え、ほぼすべてのクラスと特別クラスで優勝した。 モノコックシャシーのポルシェ956は圧倒的なパワーを見せたのであった。



また、1996年に開発されたポルシェ911 GT1は、1998年のル・マン24時間レースで1位、2位を獲得している。妥協なきプロセスで開発されたポルシェでの栄光とフィロソフィーはこれからも受け継がれていくだろう。




RECOMMENDED

RANKING