ポルシェCEO オリバー・ブルーメにQ&A 子供時代の夢も明らかに

今月はポルシェにとって、そして特に一人の男性にとって重要な記念日である。2020年10月1日、ポルシェ AG CEOを務めるオリバー・ブルーメが現在の座についてから、5年が経ったのだ。彼がリードをとったこの数年は、ポルシェの歴史の中で最も成功を収めた時期であった。

その5年間の中には、ポルシェ初のEV タイカンの発表というマイルストーンもあった。そして、さらにはコロナウイルスという世界中における危機を経験し、乗り越えてきたのである。サプライチェーンの問題を克服し、慈善寄付とコミュニティ支援を推進し、世界中のポルシェの従業員を保護するための対策を実施した。

ヨーロッパで最大かつ最も権威のある学生が運営するビジネス会議の1つであるEBSシンポジウムでのQ&Aで、52歳の彼は、聴いている音楽や子供の頃の夢から、彼自身に関するいくつかの事実を明らかにした。

子供の頃の夢は?
ーサッカー選手かパイロットです。

家から働くのと、オフィスにいるのはどちらが好き?
ーオフィスですね。

毎日のモチベーションは?
ークールなスポーツカーを素晴らしいチームと作り上げること。

仕事を楽しいと感じるときは?
ーカスタマーを満足させられたとき。

音楽は何を聴く?
ードライブ中はポップミュージックを聴きます。

マネージメントの立場として自分の弱みは?
ー時々、同時にたくさんのことを行ってしまうこと。

何語をしゃべりますか?
ードイツ語、スペイン語、英語

もし、誰かになれるとしたら、誰になる?
ー私自身で充分です。

普段、運転している車は?また、お気に入りのポルシェは?
ー最近運転しているのはタイカンです。お気に入りのポルシェは911R。

お気に入りの場所は?
ーバルセロナです。

最後の休暇はいつ?どこへ?
ー昨年、バルセロナに行きました。

20歳の自分にアドバイスをするとしたら?
ーできるかぎり学ぶこと。夢に向かっていくこと。

どのような従業員を評価しますか?
ー正直で、協力的な人です。


RECOMMENDED