社用車だったポルシェ911カレラ3.2│カスタムされた美しいワンオフモデル

1984年に当時のポルシェAG社長アシスタント用の社用車として製作されたポルシェ911 カレラ3.2が存在する。その一台は、他の911では見られないような、印象的なルックスにしあがっている。カスタム部門である、ポルシェ エクスクルーシブの先駆けともいえるものだ。

この911は光によって印象が大きく変わる。ダークブルーのボディカラーに、アクセントカラーとして淡いターコイズブルーが加えられているのだ。フロントバンパーからドアシル、リヤバンパー、Aピラーからレインガター、そして大型スポイラー、そしてフックスのアロイホイールにもターコイズ。

33年ぶりにこの一台に再会した人物がいた。ティルマン・ブロドベックである。当時彼はピーター・ヴェルナー・シュルツ社長のエグゼクティブアシスタントを務めており、1984年初頭から、1985年の夏までこの911のステアリングを握っていたのだ。



ブロドベックは1970年にヴァイサッハでボディテスターとしてポルシェでのキャリアをスタートさせた。その後、開発センターで10年間を過ごし、エアロダイナミクスのエキスパートとしてカレラRS 2.7用のダックテールリヤスポイラーや、911のフロントスポイラーを設計した実績を持つ。911用フロントスポイラーは、当時ツーリングカーレースにおけるライバルだったフォード・カプリを打ち負かすために作られたものである。

彼がエアロダイナミクスと同様に情熱を捧げていたのが"カスタマイズ"だった。彼は自身に与えられた社用車を、魅力的にアップデートしようと思いついた。独自のカスタムを加えたのだ。

1978年、ポルシェはカスタマーからの特別なリクエストに応えることを目的とした「パーソナライゼーションプログラム」をスタートしているが、オーダーメイドの需要が世界的に高まったのは1986年。そして、ポルシェ エクスクルーシブに名称を変更し、現在はポルシェ エクスクルーシブ マニュファクチャーという部門で世界中からのワンオフオーダーを受け付けている。

RECOMMENDED